1. トップページ
  2. 業績
  3. 2016年

2016年

著 書

  1. 1)Morita E: Anaphylaxis. Immunology of the Skin: Basic and Clinical Sciences in Skin Immune Responses. Kabashima K Editor. Springer. pp419-427, 2016/03/25
  2. 2)千貫祐子:虫刺され,ストロフルス,痒疹.今日の治療指針2016年版.山口 徹,北原光夫 監修,福井次矢,高木 誠,小室一成 総編集.医学書院.pp1239-1240, 2016/01/01
  3. 3)森田栄伸:蕁麻疹.皮膚科研修ノート.永井良三 総監修,佐藤伸一,藤本 学 編集.診断と治療社.pp272-274, 2016/04/20
  4. 4)千貫祐子:エピペン®.皮膚科研修ノート.永井良三 総監修,佐藤伸一,藤本 学 編集.診断と治療社.p283, 2016/04/20
  5. 5)千貫祐子,森田栄伸:蕁麻疹,血管性浮腫.膠原病・リウマチ・アレルギー研修ノート.永井良三 総監修,上阪 等,渥美達也,亀田秀人,中島裕史,藤本 学,山口正雄 編集.診断と治療社.pp493-495, 2016/04/30
  6. 6)千貫祐子,森田栄伸:セツキシマブとα-Gal IgE.実臨床に役立つ薬物アレルギーの対処法と考え方.山口正雄 編.医薬ジャーナル社.pp146-151, 2016/05/10
  7. 7)千貫祐子,森田栄伸:日本紅斑熱と牛肉アレルギーの接点.そこが知りたい 達人が伝授する日常皮膚診療の極意と裏ワザ.宮地良樹 編.全日本病院出版会.pp168-175, 2016/05/20
  8. 8)森田栄伸:重症薬疹と間違えやすい病態.薬疹の診断と治療アップデート~重症薬疹を中心に~.塩原哲夫 編.医薬ジャーナル社.pp60-67, 2016/05/25
  9. 9)森田栄伸:重症薬疹としてのアナフィラキシー.重症薬疹の診断と治療アップデート~重症薬疹を中心に~.塩原哲夫 編.医薬ジャーナル社.pp75-82, 2016/05/25
  10. 10)千貫祐子,森田栄伸:その他の食物アレルギー.食物アレルギーのすべて 基礎から臨床・社会的対応まで.伊藤浩明 編.診断と治療社.pp196-202, 2016/10/21

総 説

  1. 1)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシー.別冊 日本臨牀 免疫症候群(第2版)II 35: 396-399, 2016
  2. 2)森田栄伸:重症薬疹としてのアナフィラキシー.別冊 日本臨牀 免疫症候群(第2版)II 35: 505-509, 2016
  3. 3)森田栄伸,福島敦樹:眼瞼・結膜アレルギー.あたらしい眼科 33(3): 331-332, 2016
  4. 4)千貫祐子,森田栄伸:眼瞼炎:感染とアレルギーの見分け方.あたらしい眼科 33(3): 377-382, 2016
  5. 5)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシー.アレルギー疾患のすべて 日本医師会雑誌 145特別号(1): 244-245, 2016
  6. 6)千貫祐子,森田栄伸:マダニ咬傷と牛肉アレルギー.MB Derma 245: 40-48, 2016
  7. 7)千貫祐子,森田栄伸:慢性特発性蕁麻疹に対する生物学的製剤治療.アレルギー・免疫 23(7): 32-40, 2016
  8. 8)千貫祐子,森田栄伸:セツキシマブによる薬剤アレルギー.MB Derma 247: 15-21, 2016
  9. 9)森田栄伸:蕁麻疹.日本医師会雑誌 145特別号(2): 64-65, 2016
  10. 10)千貫祐子,森田栄伸:FDEIA.MB Derma 249: 105-111, 2016
  11. 11)千貫祐子,森田栄伸:成人の食物アレルギー②-旧茶のしずく石鹸のその後・α-gal-.喘息・アレルギー 29(2): 39-43, 2016
  12. 12)千貫祐子:花粉-食物アレルギー症候群(Pollen Food Allergy Syndrome : PFAS).Progress in Medicine 36(11): 73-77, 2016
  13. 13)千貫祐子:臨床現場におけるIgEについて.アレルギー・免疫 23(12): 80-87, 2016
  14. 14)千貫祐子:本邦における獣肉アレルギー~感作原因と多彩な交差反応~.アレルギーの臨床 36(12): 84-87, 2016

原 著

  1. 1)Kohno K, Niihara H, Li X, Hamano T, Nabika T, Shiwaku K, Isomura M, Morita E, Sundquist K, Zöller B: Familial Transmission of Hospital-Treated Varicose Veins in Adoptees: A Swedish Family Study. J Am Coll Surg 223(3): 452-460, 2016
  2. 2)Kohno K, Takahashi H, Endo R. T, Matsuo H, Shiwaku K, Morita E: Characterization of a hypoallergenic wheat line lacking ω-5 gliadin. Allergol Int 65(4): 400-405, 2016
  3. 3)Nishikawa R, Takahashi H, Matsuda M, Imaoka K, Ogawa M, Teye K, Tsuchisaka A, Koga H, Komorowski L, Probst C, Hachiya T, Fritzler MJ, Ishii N, Ohata C, Furumura M, Krol RP, Muro Y, Morita E, Hashimoto T. Anti-early endosome antigen 1 autoantibodies were detected in a pemphigus-like patient but not in the majority of pemphigus diseases. Exp Dermatol. 2016; 25(5): 368-374.
  4. 4)Da X, Takahashi H, Hein KZ, Morita E. In Vitro Antifungal Activity of Kampo Medicine Water Extracts against Trichophyton rubrum. Nat Prod Commun. 2016; 11(6):763-766.
  5. 5)Fujioka M, Hayashida K, Saijo H: Simplifying the defatting of full-thickness skin using “razor strop” method. J Dermatol Surg 2016; 20: 125-127.
  6. 6)Hayashida K, Fujioka M, Morooka S, Saijo H, Akita S: Effectiveness of basic fibroblast growth factor for pediatric hand burns. J Tissue Viability 2016; 25(4): 220-224.
  7. 7)Murata M, Kaneko S, Harada Y, Aoi N, Morita E: Case of de novo psoriasis possibly triggered by nivolumab. J Dermatol. 2016 May 14. doi: 10.1111/1346-8138.13450 [Epub ahead of print]
  8. 8)Hayashida K, Saijo H, Fujioka M: Peroneal perforator-based peroneus longus tendon and sural neurofasciocutaneous composite flap transfer for a large soft-tissue defect of the forearm: A case report. Microsurgery. 2016 Sep 4. doi: 10.1002/micr.30104. [Epub ahead of print]
  9. 9)Akita S, Yoshimoto H, Tanaka K, Oishi M, Senju C, Mawatari S, Takahara E, Suzuki S, Hayashida K. Silver Sulfadiazine-Impregnated Hydrocolloid Dressing Is Beneficial in Split-Thickness Skin-Graft Donor Wound Healing in a Small Randomized Controlled Study. Int J Low Extrem Wounds. 2016 Nov 6. pii: 1534734616670988. [Epub ahead of print]
  10. 10)Chinuki Y, Ishiwata K, Yamaji K, Takahashi H, Morita E. Haemaphysalis longicornis tick bites are a possible cause of red meat allergy in Japan. Allergy. 2016;71(3):421-425.
  11. 11)森田栄伸,千貫祐子:加水分解コムギ含有石鹸の使用による小麦アレルギー.MB Derma 245: 29-33, 2016
  12. 12)森田栄伸,村田 将,今岡かおる.抗ラミニン332型粘膜類天疱瘡 vs neutrophilic dermatosis of the palms. Visual Dermatology 15(7): 707-709, 2016
  13. 13)金子 栄:蕁麻疹のアドヒアランス.アレルギー・免疫 23(7): 48-53, 2016
  14. 14)河野邦江,遠藤 隆,森田栄伸:低アレルゲン化小麦の樹立.アレルギー・免疫 23(8): 78-85 2016
  15. 15)中川優生,金子 栄,森田栄伸:デクスラゾキサンにより治療した抗癌剤の血管外漏出の1例.皮膚臨床 58(9): 1462-1463, 2016
  16. 16)林田健志、西條広人、藤岡正樹:皮膚・軟部組織感染創の感染制御・創閉鎖を目的とする遊離皮弁移植術の有用性. 島根医学 36: 34-39, 2016
  17. 17)松本崇史、藤岡正樹、林田健志、西條広人、岡原継太:MRI撮影中に熱傷を受傷した2 症例.熱傷 42: 24-28, 2016
  18. 18)塩原哲夫,狩野葉子,水川良子,佐山浩二,橋本公二, 藤山幹子,相原道子,池澤善郎,松倉節子,末木博彦,飯島正文,渡辺秀晃,森田栄伸,新原寛之,浅田秀夫,小豆澤宏明,宮川 史,椛島健治,中島沙恵子,野村尚史,橋爪秀夫,阿部理一郎,高橋勇人,青山裕美,黒沢美智子,莚田泰誠,外園千恵, 木下 茂,上田真由美:重症多形滲出性紅斑 スティーヴンス・ジョンソン症候群・中毒性表皮壊死症 診療ガイドライン.日本皮膚科学会雑誌 126(9): 1638-1685, 2016

報 告 書

  1. 1)森田栄伸:重症多形滲出性紅斑に関する調査研究.厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)平成27年度 総括・分担研究報告書.2016年3月

雑 録

  1. 1)綿田裕孝,森田栄伸:Lecture note -糖尿病と皮膚病変.Diet Exercise Medicine (11): 2-5, 2016
  2. 2)千貫祐子:知っておきたい!食物アレルギーの最近の話題~経皮感作と食物アレルギー、口腔アレルギー症候群を含めて~.岡崎医報 346号.p12, 2016
  3. 3)海老澤元宏,森田栄伸:対談 わが研究を語る-食物依存性運動誘発アナフィラキシー.喘息・アレルギー 29(1): 73-79, 2016
  4. 4)森田栄伸:学会印象記(108)第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.アレルギー・免疫 23(5):104-106, 2016
  5. 5)金子 栄:序~蕁麻疹の今~.アレルギー・免疫 23(7): 9-11, 2016
  6. 6)森田栄伸:国内研究施設紹介 LAB REPORT「患者に役立つ研究」をモットーに、臨床の疑問を解明する臨床研究を.皮膚アレルギーフロンティア 14(2): 44-45, 2016
  7. 7)森田栄伸:寒冷蕁麻疹が出たときの対処と保健指導は?養護教諭のための教育実践に役立つQ&A集Ⅵ.67(9): 49-51, 2016
  8. 8)千貫祐子,森田栄伸:牛肉アレルギーによる蕁麻疹.エキスパートによる蕁麻疹診療ガイドラインの読み方 No.26.2016/09
  9. 9)千貫祐子:感謝の気持ちは皮膚科医を育てる「大学院生と医局長と,時々,おかん(!?)」(臨床皮膚科64巻5号)から早6年.臨床皮膚科70(10): 744
  10. 10)745, 2016
  11. 11)千貫祐子:食物アレルギー.Clinical Derma 18(3): 9-10, 2016
  12. 12)千貫祐子:知っておきたい!日常診療で診る食物アレルギー ~経皮感作と交差反応&スキンケアの重要性について~.愛知県小児科医会会報 104: 35-37, 2016

学会発表他

講演・シンポジウム

  1. 1)Chinuki Y, Morita E: Food allergy developed by percutaneous sensitization. Korean Dermatological Association The 68th Spring Meeting. Korea, April 21, 2016
  2. 2)Hayashida K: Treatment of Secondary Lymphoedema with Vascularized Lymph Nodes Transfer & Adipose-derived Stem Cells. North Borneo Wound Conference 2016. Malaysia, August 19, 2016
  3. 3)Hayashida K: Reconstruction of Difficult Wounds with Minimally Invasive Perforator Flap, North Borneo Wound Conference 2016. Malaysia, August 20, 2016
  4. 4)Morita E: Food allergy is caused by sensitization to unexpected allergens and through unexpected routes. The 12th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology Luncheon Seminar 1. Karuizawa, October 13, 2016
  5. 5)Morita E: Food allergy and cutaneous sensitization ~Food allergy is caused by sensitization to upexpected allergens and through unexpected routes~. The annual SDA meeting. Seoul, July 16, 2016
  6. 6)千貫祐子:食物アレルギーupdate~明日からの診療に少しだけ役立つかもしれないお話~.栃木県皮膚科勉強会.宇都宮市,2016年1月21日
  7. 7)千貫祐子:花粉-食物アレルギー症候群update.花粉症の治療戦略を考える2016.東京都,2016年1月23日
  8. 8)森田栄伸:小麦アレルギーに対する抗IgE抗体療法等の有効性の検討.2015年度AMED6事業合同成果報告会 コンカレントセッションⅢ.東京都,2016年2月12日
  9. 9)森田栄伸:血管性浮腫の診断と治療~遺伝性血管性浮腫(HAE)を含めて~.東海皮膚研修セミナー.伊勢原市,2016年2月12日
  10. 10)千貫祐子:経皮・経粘膜感作からアレルギーを考える~茶のしずく石鹸による小麦アレルギーから学ぶ花粉―食物アレルギー症候群、抗体製剤によるアナフィラキシーショック死から学ぶ予知予防の取り組み~.Allergic Night 6th.東京都,2016年2月17日
  11. 11)千貫祐子:知っておきたい!目から始まる目から鱗の全身性アレルギー.第29回西三河関連病院臨床懇話会.安城市,2016年2月18日
  12. 12)千貫祐子:皮膚科医が診る“食物アレルギー最前線”~診断から治療まで~.平成27年度東部支部企画研修講習会.東京都,2016年2月19日
  13. 13)森田栄伸:難治性蕁麻疹の効果的なマネジメント.第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 シンポジウム10.東京都,2016年2月21日
  14. 14)森田栄伸:口腔アレルギー症候群の診療―抗ヒスタミン薬の効果―.皮膚アレルギー疾患Update 2016.名古屋市,2016年3月5日
  15. 15)新原寛之:下肢静脈瘤治療の疫学と診療.第8回Vascular Lab in 出雲 2016.出雲市,2016年3月5日
  16. 16)千貫祐子:見逃したくない!日常診療に潜む意外なアレルギー.第48回阪神臨床アレルギー研究会.尼崎市,2016年3月5日
  17. 17)森田栄伸:口腔アレルギー症候群の診療-抗ヒスタミン薬の効果-.秋田県皮膚科談話会特別講演会.秋田市,2016年3月12日
  18. 18)千貫祐子:知っておきたい!経皮・経粘膜感作から始まる食物・薬剤アレルギー.第23回大分アレルギー講習会.大分市,2016年3月12日
  19. 19)森田栄伸:経皮感作と食物アレルギー.第244回安佐小児臨床懇話会.広島市,2016年3月23日
  20. 20)森田栄伸:知っておきたいアトピー性皮膚炎の治療ポイント.第5回栃木スキンケアセミナー.宇都宮市,2016年3月31日
  21. 21)乾癬に対する生物学的製剤治療(私のこだわり).第337回呉皮膚科学会学術講演会.呉市,2016年4月12日
  22. 22)林田健志,西條広人,藤岡正樹,浅原智彦:重症下腿骨折の骨露出創に対して人工真皮とbFGFの併用治療は無効なため、皮弁移植が必要である.第59回日本形成外科学会総会・学術集会 シンポジウム6.福岡市,2016年4月13日
  23. 23)森田栄伸:抗原特異的IgE検査を使いこなす.第32回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 Listen to Neighbors 2.岡山市,2016年4月23日
  24. 24)千貫祐子:食物アレルギーの最近の話題―経皮・経粘膜感作の重要性―.第4回千葉県食物アレルギー研究会講演会.千葉市,2016年5月18日
  25. 25)千貫祐子:花粉症がもたらす新たな問題-花粉・食物アレルギー症候群の臨床-.第117回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会 ランチョンセミナー14.名古屋市,2016年5月21日
  26. 26)千貫祐子:眼瞼からアレルギー/感染を読み解く.第86回九州眼科学会 アフタヌーンセミナー2.福岡市,2016年5月8日
  27. 27)千貫祐子,森田栄伸:アレルギー性蕁麻疹の原因検索と対処法.第115回日本皮膚科学会総会.京都市,2016年6月3日
  28. 28)森田栄伸:皮膚が保有する優れた抗白癬防御因子.第115回日本皮膚科学会総会 ランチョンセミナー10.京都市,2016年6月4日
  29. 29)辻田 淳,井上雄二,長谷川 稔,レパヴーアンドレ,藤田英樹,新谷洋一,茂木精一郎,加納宏行,金子 栄:創傷・褥瘡・熱傷ガイドラインにおける創傷一般.第115回日本皮膚科学会総会.京都市,2016年6月4日
  30. 30)千貫祐子:知っておきたい!日常診療で診る食物アレルギー~経皮感作と交差反応&スキンケアの重要性について~.大阪小児アレルギー疾患研究会.大阪市,2016年6月9日
  31. 31)森田栄伸:口腔アレルギー症候群の診療-抗ヒスタミン薬の効果-.茨城県南皮膚疾患カンファレンス2016.つくば市,2016年6月10日
  32. 32)千貫祐子:アレルギー究極の臨床.第65回日本アレルギー学会学術大会 教育セミナー4.東京都,2016年6月17日
  33. 33)金子 栄,劉 麗娟,森田栄伸:アトピー性皮膚炎患者唾液によるストレスの評価の検討.第65回日本アレルギー学会学術大会 ミニシンポジウム1.東京都,2016年6月17日
  34. 34)千貫祐子,矢上晶子,足立厚子,松永佳世子,森田栄伸:難治性の加水分解コムギ型小麦アレルギー患者10名に対する抗IgE抗体療法の試み.第65回日本アレルギー学会学術大会 ミニシンポジウム32.東京都,2016年6月18日
  35. 35)森田栄伸:口腔アレルギー症候群の診療-抗ヒスタミン薬の効果-.お茶の水会.東京都,2016年6月30日
  36. 36)千貫祐子:皮膚科からみたアレルギー疾患における上皮バリア.フォーサム2016東京 ランチョンセミナー2-1.東京都,2016年7月1日
  37. 37)千貫祐子:日常診療で診る!子供と大人の食物アレルギー~診断のポイントと対処法~.第40回日本小児皮膚科学会学術大会 ランチョンセミナー3.広島市,2016年7月3日
  38. 38)森田栄伸:牛肉アレルギーの交差反応-蕁麻疹治療について-.皮膚アレルギー学術講演会.熊本市,2016年7月7日
  39. 39)金子 栄:褥瘡回診からみた当院のVTE/DVTの対策.日本手術看護学会島根分会研修会.出雲市,2016年7月9日
  40. 40)千貫祐子:皮膚科ここが面白い!皮膚アレルギーミニレクチャー.第1回日本皮膚科学会サマースクール.北杜市,2016年7月18日
  41. 41)千貫祐子:知っておきたい!日常診療で診る食物アレルギー 〜経皮感作と交差反応&スキンケアの重要性について〜.第279回愛知県小児科医会例会.名古屋市,2016年7月24日
  42. 42)千貫祐子:明日からの臨床に役立つ「成人のアレルギー診断」.アレルギーセミナー2016 オンライン研修会2.名古屋市,2016年7月28日
  43. 43)森田栄伸:蕁麻疹.第10回相模原臨床アレルギーセミナー.横浜市,2016年8月5日
  44. 44)千貫祐子:日常診療で遭遇する!眼症状から分かる意外なアレルギー~診療のポイント~.第12回 Eye Care Strategy Seminar.東京都,2016年8月20日
  45. 45)千貫祐子:アレルギーの臨床と研究~患者さんを救うために~.Dermatological Conference.熊本市,2016年8月31日
  46. 46)千貫祐子;経皮感作と食物アレルギー.第16回愛知小児アレルギーフォーラム.名古屋市,2016年9月3日
  47. 47)千貫祐子:知っておきたい!皮膚即時型アレルギー診療のポイント.第202回愛知県皮膚科医会例会.名古屋市,2016年9月10日
  48. 48)金子 栄:ベーチェット病の皮膚症状.第13回神奈川乾癬治療研究会.横浜市,2016年9月15日
  49. 49)森田栄伸:口腔アレルギー症候群の診療-抗ヒスタミン薬の効果-.第378回日本皮膚科学会福岡地方会 スイーツセミナー.北九州市,2016年9月25日
  50. 50)千貫祐子:困ったときどうする!?蕁麻疹/皮膚即時型アレルギーの診断と治療のポイント.Taiho Web Lecture for Allergy. 東京都,2016年10月5日
  51. 51)千貫祐子:WHAT’S NEW in蕁麻疹/皮膚即時型アレルギー.第67回日本皮膚科学会中部支部学術大会 ランチョンセミナー6.大阪市,2016年10月23日
  52. 52)森田栄伸:抗ヒスタミン薬を使いこなす.第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 ランチョンセミナー1.東京都,2016年11月5日
  53. 53)千貫祐子:アレルギーと性差・地域差.第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 スイーツセミナー1.東京都,2016年11月5日
  54. 54)千貫祐子:交差反応によるアナフィキラシーを防ぐ.第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 シンポジウム3.東京都,2016年11月6日
  55. 55)千貫祐子:皮膚アレルギー診療のピットフォール~経皮・経粘膜感作を中心に~.第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 ランチョンセミナー5.東京都,2016年11月6日
  56. 56)千貫祐子:知っておきたい!その蕁麻疹の本当の原因と対策.東彼杵医師会火曜会 生涯教育講座.東彼杵郡,2016年11月8日
  57. 57)金子 栄,山中恵一,多田弥生,伊藤 圭:乾癬診療におけるタイトコントロールを考える.Clinical Conference on Psoriasis
  58. 58)Case Conference.東京都,2016年11月12日
  59. 59)森田栄伸:アトピー性皮膚炎の効果的なマネジメント.第68回日本皮膚科学会西部支部学術大会 ランチョンセミナー1.米子市,2016年11月19日
  60. 60)森田栄伸:感作経路から考える食物アレルギーの病態.第68回日本皮膚科学会西部支部学術大会 イブニング&スポンサードシンポジウム4.米子市,2016年11月19日
  61. 61)森田栄伸:皮膚の真菌防御システムを可視化する.第68回日本皮膚科学会西部支部学術大会 シンポジウム2.米子市,2016年11月20日
  62. 62)太田征孝:左足外側皮膚腫瘍の1 例.第68回日本皮膚科学会西部支部学術大会 かたち競演会2.米子市,2016年11月20日
  63. 63)千貫祐子:眼症状から分かるアレルギー.第9回 Osaka Ophthalmology Forum.大阪市,2016年11月26日
  64. 64)千貫祐子:当科における食物アレルギー診断~血液検査は負荷試験の代用になりえるか?~.ビラノア錠発売記念講演会.出雲市,2016年12月15日
  65. 65)千貫祐子:アトピー性皮膚炎と眼瞼炎.第3回総合アレルギー講習会 教育セミナー10.横浜市,2016年12月18日

学会・研究会発表

  1. 1)Tie D: P158 A case of bullous pemphigoid which shows negative serum anti-BP180 antibody by commercial ELISA. The 4th Eastern Asia Dermatology Congress. Tokyo, November 17, 2016
  2. 2)Tsedendorj O: P219 Specificity and sensitivity of tropomyosin-specific IgE test in diagnosing crustacean allergies in Japan. The 4th Eastern Asia Dermatology Congress. Tokyo, November 17, 2016
  3. 3)Da X: P238 In Vitro Antifungal Activity of Kampo Medicine against Dermatophytes. The 4th Eastern Asia Dermatology Congress. Tokyo, November 17, 2016
  4. 4)中川優生,金子 栄,進藤真久,鈴宮淳司:当初、菌状息肉腫と考えた皮膚ATLの1例.第39回島根皮膚疾患懇話会.出雲市,2016年2月4日
  5. 5)森田栄伸,東儀君子,長瀬真実子:腫瘤形成期の菌状息肉腫.第39回島根皮膚疾患懇話会.出雲市,2016年2月4日
  6. 6)森田栄伸,千貫祐子,石渡賢治,山地佳代子:牛肉アレルギー発症原因としてのフタトゲチマダニ唾液腺抗原への感作.日本皮膚科学会第76回沖縄地方会 上里 博 琉球大学皮膚科教授退任記念地方会.中頭群,2016年2月13日
  7. 7)飛田礼子,千貫祐子,森田栄伸:ゼラチンが原因抗原と考えられた魚によるFDEIAの1例.藤原作平教授退任記念 第98回日本皮膚科学会大分地方会.大分市,2016年3月5日
  8. 8)野畑亜希子,野津吉友,飛田礼子,森田栄伸,竹下耕平,久保田明子,長澤亜沙子,平井順子,間壁史良,遠藤進一,尾村賢司,飛田博史,福田誠司,板倉正幸,矢野彰三:溶血性連鎖球菌による壊死性筋膜炎の一例.第21回山陰臨床栄養研究会.米子市,2016年3月5日
  9. 9)金子 栄,村田 将,森田栄伸:ニボルマブ治療中に発症した乾癬の2例.第169回山口地方会―武藤正彦 山口大学皮膚科教授退任記念地方会―.宇部市,2016年3月26日
  10. 10)新原寛之、田原研司、藤田博己:原因リケッチア種の同定に困難を要した敗血症性ショックの1例.第90回日本感染症学会総会・学術講演会.仙台市,2016年4月16日
  11. 11)林田健志:Sural neurofasciocutaneous composite flap による前腕の再建.第52回山陰手の外科・マイクロサージャリー研究会.出雲市,2016年5月12日
  12. 12)金子 栄,山口道也,三崎健太,谷 泰宏:皮膚科医とリウマチ医による関節評価.第4回Psoriasis Academy in Chugoku.広島市,2016年5月21日
  13. 13)横澤恵美子,村上有美,松中 浩,高橋 仁,新原寛之,金子 栄,森田栄伸:アトピー性皮膚炎患者の表皮角層中のPeriostin 解析.第115回日本皮膚科学会総会.京都市,2016年6月4日
  14. 14)杉原靖子,金子 栄,飛田礼子,野上京子,森田栄伸,加藤志帆,花田昌也,伊藤孝史,椎名浩昭:抗BP180 抗体が異常高値を示し,血漿交換療法後に予期せぬ出血を認めた水疱性類天疱瘡の2 例.第115回日本皮膚科学会総会.京都市,2016年6月3日~5日
  15. 15)野上京子,千貫祐子,新原寛之,森田栄伸:当科における帯状疱疹患者176 名の検討.第115回日本皮膚科学会総会.京都市,2016年6月3日~5日
  16. 16)吉田暁子,千貫祐子,松木真吾,金子 栄,森田栄伸:好塩基球活性化試験(CD203c 発現定量)が診断に有用であった豆乳アナフィラキシーの3 例.第115回日本皮膚科学会総会.京都市,2016年6月3日~5日
  17. 17)林田健志,森田栄伸:皮膚・軟部組織感染創の感染制御・創閉鎖を目的とする遊離皮弁移植術の有用性.第18回山陰形成外科懇話会.出雲市,2016年6月9日
  18. 18)千貫祐子,高橋 仁,白築理恵,福代新治,森田栄伸:本邦における獣肉アレルギーの解析~α-Gal storyとPork-cat syndrome~.第65回日本アレルギー学会学術大会.東京都,2016年6月18日
  19. 19)太田征孝,野上京子:クレナフィン®爪外用液10%の使用例について.第34回島根皮膚疾患治療フォーラム~クレナフィン爪外用液10%発売2周年記念~.出雲市,2016年6月23日
  20. 20)ダシャ,森田栄伸:白癬菌に対して漢方薬に由来する抗真菌物質の探索研究.第33回和漢医薬学会学術大会.東京都,2016年8月27~28日
  21. 21)林田健志,森田栄伸:感染創の感染制御・創閉鎖を目的とする遊離皮弁移植術の検討.日本皮膚科学会第131回山陰・第27回島根合同開催地方会.米子市,2016年8月28日
  22. 22)太田征孝,福代新治,白築理恵,森田栄伸:ベムラフェニブ投与中に癌性髄膜炎を来した無色素性悪性黒色腫の1例.日本皮膚科学会第131回山陰・第27回島根合同開催地方会.米子市,2016年8月28日
  23. 23)Tie D, Yoshida T, Chinuki Y, Kaneko S, Morita E: A case of bullous pemphigoid which shows negative serum anti-BP180 antubody by commercial ELISA. 日本皮膚科学会第131回山陰・第27回島根合同開催地方会.米子市,2016年8月28日
  24. 24)金子 栄,森田栄伸:当院における抗酸菌感染症と乾癬の生物学的治療について.第31回日本乾癬学会学術大会.宇都宮市,2016年9月2日
  25. 25)林田健志,新原寛之,森田栄伸:静脈うっ滞性下肢潰瘍に対する内視鏡下不全穿通枝切離術.第72回中国・四国形成外科学会学術集会.松江市,2016年9月11日
  26. 26)ダシャ:白癬菌に対して漢方薬に由来する抗真菌物質の探索研究.第60回日本医真菌学会総会・学術集会.東京都,2016年10月2日
  27. 27)林田健志:糖尿病性足潰瘍 Mortality is written on the foot.第31回日本糖尿病合併症学会/第22回日本糖尿病眼学会総会.東京都,2016年10月7日
  28. 28)河野邦江,新原寛之,濱野 強,武田美輪子,塩飽邦憲:島根県におけるダニ媒介性感染症の現状と牛肉アレルギーの頻度.第75回日本公衆衛生学会総会.大阪市,2016年10月27日
  29. 29)白神英莉,金子 栄,丸山茂雄,進藤真久,森田栄伸,山元 修:自己免疫性肝炎を合併しインフリキシマブを投与した尋常性乾癬の1 例.第68回日本皮膚科学会西部支部学術大会.米子市,2016年11月19日
  30. 30)白築理恵,千貫祐子,石川典由,森田栄伸:多発リンパ節転移を契機に発見された外陰部乳房外パジェット病の1 例.第68回日本皮膚科学会西部支部学術大会.米子市,2016年11月19日
  31. 31)林田健志,新原寛之,森田栄伸:下肢リンパ浮腫に対する治療戦略.第19回山陰形成外科懇話会.米子市,2016年11月20日
  32. 32)飛田礼子,千貫祐子,野上京子,中川優生,岡空輝夫,森田栄伸:抗ヒスタミン薬の内服により症状を抑制し得た高分子量グルテニンが原因抗原の小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの1 例.第68回日本皮膚科学会西部支部学術大会.米子市,2016年11月20日
  33. 33)野上京子,千貫祐子:アニサキスアレルギーにおけるCD203c発現測定による好塩基球活性化試験の有用性の検討.第2回島根アレルゲン免疫療法研究会(SAITC).松江市,2016年11月26日
  34. 34)林田健志,吉田周平,吉本 浩,藤岡正樹,西條広人,右田清志,熊屋美智,秋田定伯:マウス下肢リンパ浮腫モデルにおける脂肪由来幹細胞と血管柄付きリンパ節移植の併用療法の効果.第46 回日本創傷治癒学会.東京都,2016年12月9日
  35. 35)Tie, D, Yoshida T, Chinuki Y, Morita E: A case of bullous pemphigoid which shows negative serum anti-BP180 antibody by commercial ELISA. 日本研究皮膚科学会 第41回年次学術大会・総会.仙台市,2016年12月9日
  36. 36)Tsedendorj O, Chinuki Y, Ueda K, Takahashi T, Adachi A, Morita E: Tropomyosin is minor but distinct allergen in the patients with shrimp allergies. 日本研究皮膚科学会 第41回年次学術大会・総会.仙台市,2016年12月9日
  37. 37)Da, X, Morita E: In Vitro Antifungal Activity of Kampo Medicine against Dermatophytes. 日本研究皮膚科学会 第41回年次学術大会・総会.仙台市,2016年12月9日