1. トップページ
  2. 教授挨拶

教授挨拶

島根大学皮膚科学講座の歴史と理念

島根大学皮膚科学講座 教授 森田 栄伸の写真

島根大学皮膚科学講座
教授 森田 栄伸

島根大学皮膚科学講座は島根医科大学の開校とともに、昭和54年(1979年)4月に開講しました。初代教授として地土井襄璽先生が赴任され,講座の基礎を築かれました。地土井教授は接触皮膚炎をはじめとする皮膚アレルギーにおいて卓越した研究成果 をあげられ,また,多くの門下生をお育てになりました。平成7年(1995年)7月から第二代教授として出来尾 哲先生が就任され,皮膚アレルギーに加えて皮膚感染症にも研究の分野を広げられました。平成15年(2003年)10月には島根医科大学と島根大学の統合に伴い,当講座は島根大学医学部皮膚科学講座となりました。平成16年(2004年)12月から,私,森田栄伸が教授に就任いたしました。

当皮膚科学講座は,「医師患者間の信頼関係の構築」を診療理念として,高度な医療の提供と先進的な医療の導入を行い,診療スタッフの技術向上と専門領域の開拓を通 して,患者様に満足のゆく医療サービスの提供を目指しています。とくに,皮膚感染症,アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどのアレルギー性疾患,皮膚悪性腫瘍の診断・診療におきましては,高度な技術を有し国際レベルの医療水準を達成しています。

今後は,医療のさらなる発展のため臨床研究や産学連携による新たな治療法の開発,関連医療施設との連携による地域医療への貢献,疾病の早期対策・予防のための啓蒙活動にも積極的に取り組んで行きたいと考えています。