1. トップページ
  2. 業績
  3. 2015年

2015年

著 書

  1. 1)森田栄伸:皮膚瘙痒症.皮膚疾患最新の治療2015-2016.渡辺晋一,古川福美 編.南江堂.pp49-50, 2015/01
  2. 2)千貫祐子,森田栄伸:小麦アレルギー検査法.定番・皮膚科外来検査のすべて.宮地良樹 編.文光堂.pp44-46, 2015/02
  3. 3)森田栄伸:特発性の蕁麻疹における抗ヒスタミン薬の使い方.皮膚疾患 ガイドライン編.宮地良樹 編.メディカルレビュー社.pp24-25, 2015/03
  4. 4)森田栄伸:蕁麻疹に外用薬は有用か?EBM皮膚疾患の治療 up-to-date.宮地良樹 編. 中外医学社.pp46-48, 2015/02
  5. 5)千貫祐子,森田栄伸:蕁麻疹.今日の診療のために ガイドライン 外来診療2015.泉 考英 編集主幹.日経メディカル開発.pp310-314, 2015/03
  6. 6)森田栄伸:薬剤アレルギー(アナフィラキシー,血清病)と昆虫アレルギー.今日の小児治療指針 第16版.水口 雅,市橋 光,崎山 弘 総編集.医学書院.pp315-317, 2015/09
  7. 7)千貫祐子,森田栄伸:降圧薬で蕁麻疹?頻用薬の落とし穴.宮地良樹,上田裕一,郡 義明,服部隆一 編.文光堂.pp57-61, 2015/10
  8. 8)千貫祐子,森田栄伸:食後のアスピリン服用でアナフィラキシーショック?頻用薬の落とし穴.宮地良樹,上田裕一,郡 義明,服部隆一 編.文光堂.pp74-79, 2015/10
  9. 9)千貫祐子,森田栄伸:加水分解コムギ成分入り化粧品感作による眼瞼浮腫.皮膚科・眼科の連携マニュアル 目のまわりの病気とその治療.外園千恵,加藤則人 編.学研メディカル秀潤社.Pp78-80, 2015/12

総 説

  1. 1)森田栄伸:IgEと蕁麻疹.臨床免疫・アレルギー科 63(1): 32-37, 2015
  2. 2)千貫祐子,森田栄伸:蕁麻疹に対するオマリズマブをめぐる動向.MB Derma 227: 53-61, 2015
  3. 3)森田栄伸:成人の食物アレルギー研究の進歩―経皮感作で発症する食物アレルギーの病態解析.医学のあゆみ 252(9): 951-956, 2015
  4. 4)森田栄伸:FDEIA/OASの実態と抗原解析.日本ラテックスアレルギー研究会会誌 18(2): 5-9, 2015
  5. 5)森田栄伸:抗ヒスタミン薬使用のknow-how.Visual Dermatology 14(4): 414-418, 2015
  6. 6)森田栄伸:アレルギー検査法 検査の実際in vivo 食物依存性運動誘発アナフィラキシーの誘発試験.アレルギー・免疫 22(5): 720-723, 2015
  7. 7)森田栄伸:医学用語解説 経皮感作.炎症と免疫 23(3): 89-90, 2015
  8. 8)千貫祐子,森田栄伸:小麦アレルギー.MB Derma 229: 27-34, 2015
  9. 9)森田栄伸:皮膚・粘膜アレルギー疾患 蕁麻疹.診断と治療 103(5): 613-617, 2015
  10. 10)千貫祐子,森田栄伸:小児皮膚アトラス 食物アナフィラキシー.皮膚科の臨床 57(6): 710-715, 2015
  11. 11)森田栄伸:食物アレルギー研究の最前線-経皮感作で発症する食物アレルギーの病態解析-.分子消化器病 12(2): 32-37, 2015
  12. 12)森田栄伸:食物アレルギー発症における経皮感作.日皮協ジャーナル 38(1): 1-9, 2015
  13. 13)千貫祐子,森田栄伸:皮膚アレルギー疾患・最新情報.Mebio 32(11): 93-101, 2015
  14. 14)松木真吾,森田栄伸,西尾祐二:遺伝性血管性浮腫(HAE)の診断と対応.島根医学 35(4): 210-215, 2015

原 著

  1. 1)Furue M, Onozuka D, Takeuchi S, Murota H, Sugaya M, Masuda K, Hiragun T, Kaneko S, Saeki H, Shintani Y, Tsunemi Y, Abe S, Kobayashi M, Kitami Y, Tanioka M, Imafuku S, Abe M, Inomata N, Morisky DE, Katoh N: Poor adherence to oral and topical medication in 3096 dermatological patients as assessed by the Morisky Medication Adherence Scale-8. Br J Dermatol. 172(1):272-275, 2015
  2. 2)Uni S, Fukuda M, Otsuka Y, Hiramatsu N, Yokobayashi K, Takahashi H, Murata S, Kusatake K, Morita E, Maruyama H, Hasegawa H, Shiwaku K, Ramli R, Azirun MS, Takaoka H: New zoonotic cases of Onchocerca dewittei japonica (Nematoda: Onchocercidae) in Honshu, Japan. Parasit Vectors. 59(8): 2015
  3. 3)Saeki H, Imafuku S, Abe M, Shintani Y, Onozuka D, Hagihara A, Katoh N, Murota H, Takeuchi S, Sugaya M, Tanioka M, Kaneko S, Masuda K, Hiragun T, Inomata N, Kitami Y, Tsunemi Y, Abe S, Kobayashi M, Morisky DE, Furue M: Poor adherence to medication as assessed by Morisky Medication Adherence Scale-8 and low satisfaction with treatment in 237 psoriasis patients. J Dermatol. 42(4):367-372, 2015
  4. 4)Nilsson N, Sjölander S, Baar A, Berthold M, Pahr S, Vrtala S, Valenta R, Morita E, Hedlin G, Borres MP, Nilsson C: Wheat allergy in children evaluated with challenge and IgE antibodies to wheat components. Pediatr Allergy Immunol. 26(2):119-125, 2015
  5. 5)Kano Y, Tohyama M, Aihara M, Matsukura S, Watanabe H, Sueki H, Iijima M, Morita E, Niihara H, Asada H, Kabashima K, Azukizawa H, Hashizume H, Nagao K, Takahashi H, Abe R, Sotozono C, Kurosawa M, Aoyama Y, Chu CY, Chung WH, Shiohara T: Sequelae in 145 patients with drug-induced hypersensitivity syndrome/drug reaction with eosinophilia and systemic symptoms: survey conducted by the Asian Research Committee on Severe Cutaneous Adverse Reactions (ASCAR). J Dermatol. 42(3):276-282, 2015
  6. 6)Yokooji T, Okamura Y, Chinuki Y, Morita E, Harada S, Hiragun M, Hide M, Matsuo H: Prevalences of specific IgE to wheat gliadin components in patients with wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis. Allergol Int 64(2): 206-208, 2015
  7. 7)Kusatake K, Harada Y, Mizumoto K, Kaneko S, Niihara H, Chinuki Y, Morita E: Usefulness of sentinel lymph node biopsy for the detection of metastasis in the early stage of extramammary Paget's disease. Eur J Dermatol 25(2): 156-161, 2015
  8. 8)Matsuki S, Kusatake K, Hein KZ, Anraku K, Morita E: Condylomata acuminata in the neovagina after male-to-female reassignment treated with CO2 laser and imiquimod. Int J STD AIDS 26(7): 509-511, 2015
  9. 9)Brockow K, Kneissl D, Valentini L, Zelger O, Grosber M, Kugler C, Werich M, Darsow U, Matsuo H, Morita E, Ring J: Using a gluten oral food challenge protocol to improve diagnosis of wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis. J Allergy Clin Immunol 135(4): 977-984, 2015
  10. 10)Tsuchisaka A, Kaneko S, Imaoka K, Ota M, Kishimoto K, Tomaru U, Kasahara M, Ohata C, Furumura M, Takamori S, Morita E, Hashimoto T: Presence of autoimmune regulator and absence of desmoglein 1 in a thymoma in a patient with pemphigus foliaceus. See comment in PubMed Commons below Br J Dermatol 173(1): 268-271, 2015
  11. 11)Komatsu-Fujii T, Ohta M, Niihara H, Morita E: Usefulness of rapid measurement of serum thymus and activation-regulated chemokine level in diagnosing drug-induced hypersensitivity syndrome. Allergol Int 64(4): 388-389, 2015
  12. 12)Aihara M, Kano Y, Fujita H, Kambara T, Matsukura S, Katayama I, Azukizawa H, Miyachi Y, Endo Y, Asada H, Miyagawa F, Morita E, Kaneko S, Abe R, Ochiai T, Sueki H, Watanabe H, Nagao K, Aoyama Y, Sayama K, Hashimoto K, Shiohara T: SJS/TEN Study Group. Efficacy of additional i.v. immunoglobulin to steroid therapy in Stevens-Johnson syndrome and toxic epidermal necrolysis. J Dermatol. 42(8):768-777, 2015
  13. 13)Hein KZ, Takahashi H, Tsumori T, Yasui Y, Nanjoh Y, Toga T, Wu Z, Grötzinger J, Jung S, Wehkamp J, Schroeder BO, Schroeder JM, Morita E: Disulphide-reduced psoriasin is a human apoptosis-inducing broad-spectrum fungicide. Proc Natl Acad Sci U S A. 20;112(42):13039-13044, 2015
  14. 14)Kaneko S, Masuda K, Hiragun T, Inomata N, Furue M, Onozuka D, Takeuchi S, Murota H, Sugaya M, Saeki H, Shintani Y, Tsunemi Y, Abe S, Kobayashi M, Kitami Y, Tanioka M, Imafuku S, Abe M, Hagihara A, Morisky DE, Katoh N: Transient improvement of urticaria induces poor adherence as assessed by Morisky Medication Adherence Scale-8. J Dermatol. 42(11):1078-1082, 2015
  15. 15)Murata S, Sumikawa Y, Takahashi H, Ota M, Kusatake K, Niihara H, Kaneko S, Koga H, Hashimoto T, Morita E: Case of mucous membrane pemphigoid with immunoglobulin G antibodies to the beta 3 subunit of laminin-332 showing clinically Stevens-Johnson syndrome-like generalized blistering mucocutaneous lesions. J Dermatol. 42(11):1126-1128, 2015
  16. 16)Tsunemi Y, Abe S, Kobayashi M, Kitami Y, Onozuka D, Takeuchi S, Murota H, Sugaya M, Masuda K, Hiragun T, Kaneko S, Saeki H, Shintani Y, Tanioka M, Imafuku S, Abe M,Inomata N, Donald E. Morisky, Katoh N, Furue M: Adherence to oral and topical medication in 445 patients with tinea pedis as assessed by the Morisky Medication Adherence Scale-8. Eur J Dermatol. 1;25(6):570-577, 2015
  17. 17)Chinuki Y, Ishiwata K, Yamaji K, Takahashi H, Morita E: Haemapysalis longicornis tick bites are a possible cause of red meat allergy in Japan. Allergy. epub ahead of print 2015
  18. 18)森田栄伸,千貫祐子:長期間観察できた加水分解コムギ含有石鹸による小麦アレルギー.皮膚病診察 37(1): 67-70, 2015
  19. 19)平出智裕,村田 将,齋藤 宰,小川貢平,小谷暢啓,榊原 学,平出律子,串崎浩行,松田高志,南 浩太郎,二階哲郎.仁科雅良:社会復帰しえた外傷性窒息による心肺停止.胸部外科 68(3): 171-175, 2015
  20. 20)太田征孝,今岡千治,森田栄伸:免疫抑制治療中に生じた多発脂腺増殖症の1例.皮膚科の臨床 57(5): 555-557, 2015
  21. 21)飛田礼子,千貫祐子,野上京子,森田栄伸:カルボシステインによる固定薬疹の診断におけるチオジグリコール酸を用いた貼付試験の有用性の検討.西日本皮膚科 77(6): 579-583, 2015  

報 告 書

  1. 1)森田栄伸:生命予後に関わる重篤な食物アレルギーの実態調査・新規治療法の開発および治療指針の策定.厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 難治性疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患等実用化研究事業 免疫アレルギー疾患実用化研究分野)平成26年度 総括・分担研究報告書.2015年3月
  2. 2)森田栄伸:生命予後に関わる重篤な食物アレルギーの実態調査・新規治療法の開発および治療指針の策定.厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 難治性疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患等実用化研究事業 免疫アレルギー疾患実用化研究分野)平成24-26年度 研究報告書.2015年3月
  3. 3)森田栄伸:重症多形滲出性紅斑に関する調査研究.厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)平成26年度 総括・分担研究報告書.2015年3月

雑 録

  1. 1)千貫祐子:牛肉アレルギーの意外な実態.マルホ皮膚科セミナー[ラジオNIKKEI]放送内容集 No.234: 10-15, 2015(平成26年9月11日放送)
  2. 2)森田栄伸,多田弥生,佐藤伸一:[特別番組]本音で語る蕁麻疹治療.マルホ皮膚科セミナー[ラジオNIKKEI]放送内容集 No.236: 4-14, 2015(平成27年1月1日放送)
  3. 3)森田栄伸:じんましん.しんぶん 赤旗.2015年9月20日号
  4. 4)森田栄伸:Join the scientific meeting 第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.DERMATOLOGY CLUB vol.1: 5-6, 2015
  5. 5)森田栄伸:日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会学術大会を終えて.広仁会会報89: 44-45, 2015
  6. 6)森田栄伸:生活習慣病 糖尿病治療最前線 糖尿病と皮膚障害~プライマリケアでの対処~.Astellas Square: 明日の医療を考える No.65 (Vol.11 No.6): 18-20, 2015

学会発表他

講演・シンポジウム

  1. 1)Morita E: Psoriasin in antifungal defense. International Symposium The Role of Antimicrobial Peptides in Host Defense. Kiel, Germany, May, 30th 2015
  2. 2)Chinuki Y, Morita E: Red meat allergy and its clinical diversity. MS13 The23rd World Congress of Dermatology, Vancouver, Canada. Jun. 9, 2015
  3. 3)Morita E: Role of food allergy in atopie dermatitis. MS13 The23rd World Congress of Dermatology, Vancouver, Canada. Jun. 9, 2015
  4. 4)千貫祐子:経皮感作と食物アレルギー.平成26年度日本皮膚科学会研修講習会.東京都,2015年1月11日
  5. 5)千貫祐子:知っておきたい!食物アレルギーの最近の話題~皮膚炎と食物アレルギーの関係、口腔アレルギー症候群を含めて~.第22回徳島小児アレルギー研究会.徳島市,2015年1月20日
  6. 6)太田征孝:水疱症に対する治療.日本血液製剤機構講師招聘勉強会.出雲市,2015年1月20日
  7. 7)森田栄伸:食物アレルギー児童への対応.安来地区栄養士会 平成26年度生涯学習研修会.安来市,2015年1月25日
  8. 8)千貫祐子:薬物,薬剤アレルギーの解析~Foof Allergy and Drug Hypersensitivity~.島根大学医学部 若手研究者交流会.出雲市,2015年1月26日
  9. 9)千貫祐子:食物アレルギーの最近の話題~経皮感作や交差反応の重要性~.多摩東地区スキンケアセミナー.武蔵野市,2015年1月31日
  10. 10)千貫祐子:知っておきたい!アレルギー診療のポイント.第11回大阪アレルギーネットワーク.大阪市,2015年2月19日
  11. 11)金子 栄:乾癬患者における生物学的製剤治療.出雲乾癬セミナー.出雲市,2015年2月19日
  12. 12)森田栄伸:口腔アレルギー症候群のよりよい理解のために.第78回日本皮膚科学会東京支部学術大会 モーニングセミナー3.東京都,2015年2月22日
  13. 13)森田栄伸:知って得する食物アレルギーの話.第78回日本皮膚科学会東京支部学術大会 市民公開講座.東京都,2015年2月22日
  14. 14)新原寛之:循環と創傷治癒.科研製薬株式会社米子営業所社外講師勉強会.出雲市,2015年2月26日
  15. 15)金子 栄:皮膚癌について.中外製薬株式会社外部講師勉強会.出雲市,2015年2月26日
  16. 16)千貫祐子:皮膚科医が診る食物アレルギー.第19回Dermatology Clinical Meeting.東京都,2015年2月27日
  17. 17)千貫祐子:即時型アレルギーupdate~知っておきたい経皮・経粘膜感作や交差反応~.第13回埼玉アレルギー研究会.越谷市,2015年3月11日
  18. 18)金子 栄:アトピー性皮膚炎患者に対する良い指導、悪い指導.日本皮膚科学会第372回福岡地方会スィーツセミナー.福岡市,2015年3月15日
  19. 19)千貫祐子:経皮感作と食物アレルギー.尾道医師会講演会.尾道市,2015年3月18日
  20. 20)千貫祐子:皮膚即時型アレルギーの診療に必要な基礎知識.旭川乾癬・アレルギーフォーラム2015 医局内セミナ―.旭川市,2015年3月26日
  21. 21)千貫祐子:食物アレルギーupdate~知っておきたい経皮感作や交差反応~.旭川乾癬・アレルギーフォーラム2015.旭川市,2015年3月26日
  22. 22)森田栄伸:Food allergy related to percutaneous sensitization to environmental allergens. 第88回日本細菌学会 インターナショナルシンポジウム.岐阜市,2015年3月27日
  23. 23)森田栄伸:日本におけるSGLT2阻害剤の位置づけ ~糖尿病治療の新しい可能性~.Diabetes Workshop.東京都,2015年4月4日
  24. 24)森田栄伸:SGLT2阻害薬投与下における皮膚障害について.これからの糖尿病治療を考える会~SGLT2阻害薬適正使用を踏まえて~.倉敷市,2015年4月6日
  25. 25)森田栄伸:SGLT2阻害薬投与下における皮膚障害について.ASGL Conference 2015.東京都,2015年4月19日
  26. 26)森田栄伸:小麦アレルギーにならないために.AACC International 日本支部平成26年度総会・第3回講演会.東京都,2015年4月23日
  27. 27)千貫祐子:蕁麻疹診療~問診のポイント~.グラクソ・スミスクライン Webセミナー.東京都,2015年4月23日
  28. 28)森田栄伸:SGLT2阻害薬投与下における皮膚障害について.ASGL Conference 2015.東京都,2015年4月26日
  29. 29)新原寛之:薬剤性皮膚障害について~薬とリスク~.SGLT2阻害剤Up to Date in 出雲.出雲市,2015年5月8日
  30. 30)森田栄伸:食物アレルギーとアトピー性皮皮膚炎の関係.島根県こどものアレルギーセミナー.出雲市,2015年5月9日
  31. 31)金子 栄:アトピー性皮膚炎の最前線.島根県こどものアレルギーセミナー.出雲市,2015年5月9日
  32. 32)森田栄伸:食物アレルギー発症における経皮感作.日本産業皮膚衛生協会 特別講演会.京都市,2015年5月13日
  33. 33)村田 将:毛包虫性ざ瘡.平成27年度「油化学シンポジウムin出雲」~健康・美容に貢献する油化学~.出雲市,2015年7月11日
  34. 34)千貫祐子:皮膚アレルギーの最近の話題~知っておきたい経皮感作や交差反応~.鳥取皮膚科懇話会.鳥取市,2015年5月14日
  35. 35)森田栄伸:SGLT2阻害薬投与下における皮膚障害について.全国講演会2015.東京都,2015年5月17日
  36. 36)髙垣謙二,金子 栄,辻野佳雄:Dovobet debate!~これまでのステロイド・ビタミンD3単剤療法・混合療法からの変遷~.第37回島根皮膚疾患懇話会.出雲市,2015年5月21日
  37. 37)森田栄伸,千貫祐子:マダニと食物アレルギー~糖鎖エピトープの多彩な交差反応~.第64回日本アレルギー学会学術大会 教育講演 3.東京都,2015年5月26日
  38. 38)森田栄伸:成人における食物アレルギーの診断とアレルゲンコンポーネント.第64回日本アレルギー学会学術大会 イブニングシンポジウム2.東京都,2015年5月26日
  39. 39)千貫祐子,河野邦江,福冨友馬,秀 道広,松永佳世子,岸川禮子,相原道子,横関博雄,堀川達弥,足立厚子,片山一朗,高橋 仁,塩飽邦憲,森田栄伸:グルパール19Sによる即時型小麦アレルギー患者350名の予後調査結果.第64回日本アレルギー学会学術大会 ミニシンポジウム9.東京都,2015年5月26日
  40. 40)松永佳世子,矢上晶子,中村政志,手島玲子,秀 道広,千貫祐子,森田栄伸,相原道子,岸川禮子,福冨友馬,杉浦伸一:グルパール19Sによる即時型コムギアレルギーの全国疫学調査およびELISA法GP19S特異IgE抗体の推移.第64回日本アレルギー学会学術大会 ミニシンポジウム9.東京都,2015年5月26日
  41. 41)千貫祐子,鵜沼香奈,森田栄伸:セツキシマブ投与時のアナフィラキシーショックによる死亡例の解析.第64回日本アレルギー学会学術大会 ミニシンポジウム20.東京都,2015年5月27日
  42. 42)千貫祐子,森田栄伸:見逃しやすい皮膚アレルギー~診療のポイント~.第114回日本皮膚科学会総会 スポンサードセミナー.横浜市,2015年5月30日
  43. 43)千貫祐子,森田栄伸:食物アレルギー~新たな展開~.第114回日本皮膚科学会総会 スポンサードセミナー.横浜市,2015年5月30日
  44. 44)千貫祐子,森田栄伸:“患者さんのその後”と“治りにくい患者さんのための試み”.第114回日本皮膚科学会総会 市民公開講座.横浜市,2015年5月31日
  45. 45)藤田 英樹,井上 雄二,長谷川 稔,レパヴー アンドレ,新谷 洋一,辻田 淳,茂木 精一郎,加納 宏行,金子 栄:創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン創傷一般~ガイドライン改訂版の概要.第114回日本皮膚科学会総会 教育講演.横浜市,2015年5月31日
  46. 46)千貫祐子,森田栄伸:アレルギー性蕁麻疹~Molecular Allergology時代に向かって~.第114回日本皮膚科学会総会 教育講演.横浜市,2015年5月31日
  47. 47)森田栄伸:食物アレルギーの最近の知見.第16回大阪皮膚疾患懇話会.大阪市,2015年6月6日
  48. 48)千貫祐子:知っておきたい!食物アレルギーの最近の話題~経皮感作と食物アレルギー、口腔アレルギー症候群を含めて~.岡崎市医師会小児科医会学術講演会.岡崎市,2015年6月17日
  49. 49)森田栄伸:眼瞼炎の治療~アトピー性皮膚炎にみられる眼瞼炎~.第225回眼科集談会.高知市,2015年6月20日
  50. 50)千貫祐子:免疫・アレルギーの不思議!明日、何かを発見するかも・・・・.琉球大学皮膚科医局リサーチセミナー.中頭郡,2015年6月26日
  51. 51)森田栄伸:難治性蕁麻疹の効果的なマネジメント.アレロック全国講演会 かゆみ治療のUP TO DATE 2015.東京都,2015年6月27日
  52. 52)千貫祐子:知っておきたい!皮膚アレルギー診療のポイント~経皮感作と食物アレルギー、口腔アレルギー症候群を中心に~.第301回沖縄皮膚科勉強会.那覇市,2015年6月27日
  53. 53)森田栄伸:皮膚の免疫防御システム.皮膚アレルギー学術講演会.熊本市,2015年7月16日
  54. 54)森田栄伸:アトピー性皮膚炎の効果的なマネジメント.小児 喘息・アレルギーセミナー2015.東京都,2015年7月23日
  55. 55)千貫祐子:知っておきたいアレルギー診療のポイント~経皮感作と食物アレルギーを中心に~.第2回大阪市小児科勉強会.大阪市,2015年7月25日
  56. 56)千貫祐子:眼症状から分かる、目から鱗のアレルギー.ABCの会2015 夏の特別企画.東京都,2015年7月31日
  57. 57)森田栄伸:蕁麻疹.第9回相模原臨床アレルギーセミナー.横浜市,2015年8月8日
  58. 58)千貫祐子:食物アレルギーの最近の話題~経皮感作の重要性~.尾道医師会学術講演会.尾道市,2015年8月18日
  59. 59)千貫祐子:眼症状から食物アレルギーを読み解く.第4回アルコンサマーセミナー.名古屋市,2015年8月22日
  60. 60)千貫祐子:知っておきたい!皮膚アレルギー診療のポイント~経皮感作と食物アレルギー、口腔アレルギー症候群を中心に~.第115回岐阜皮膚科医会.岐阜市,2015年8月23日
  61. 61)金子 栄:スカイツリー計画のその後.第30回日本乾癬学会学術大会 イブニングセミナー.2015年9月4日
  62. 62)森田栄伸:食物アレルギーと経皮感作の病態.第5回いわて小児アレルギー疾患研究会.盛岡市,2015年9月5日
  63. 63)森田栄伸:アナフィラキシーの様々な症例.第70回筑後皮膚科医会.久留米市,2015年9月15日
  64. 64)金子 栄:これからの多死社会は多褥瘡社会.大田市医師会学術講演会.大田市,2015年9月17日
  65. 65)千貫祐子:知っておきたい皮膚アレルギーの最近の話題~目から鱗の経皮感作や交差反応~.皮膚疾患を考える会 in Yokosuka.横須賀市,2015年9月18日
  66. 66)千貫祐子:マダニが媒介する病気、知っていますか? 島大病院「ちょっと気になる健康講座」.出雲市,2015年9月17日
  67. 67)千貫祐子:皮膚アレルギーupdate~明日からの診療に少しだけ役に立つかもしれないお話~.第214回大阪皮膚科症例検討会.大阪市,2015年9月17日
  68. 68)森田栄伸:SGLT2阻害薬投与下における皮膚障害について.本郷SGLT2阻害剤 適正使用推進講演会.東京都,2015年9月25日
  69. 69)千貫祐子:食物アレルギーの最新の話題―経皮感作の重要性―.第37回多摩小児アレルギー臨床懇話会.多摩市,2015年9月26日
  70. 70)千貫祐子:日常診療で診る眼・鼻・皮膚症状は意外なアレルギーのサインである.盛岡市医師会主催学術講演会.盛岡市,2015年10月8日
  71. 71)金子 栄:ドボベット軟膏使用例など.協和発酵キリン株式会社社員研修会.出雲市,2015年10月15日
  72. 72)新原寛之,河野邦江,田原研司:リケッチア・ウイルス感染症の遺伝子診断~遺伝子検査がより身近になれるか?~.第67回日本皮膚科学会西部支部学術大会.長崎市,2015年10月17日
  73. 73)森田栄伸:経皮感作から始まる食物アレルギー.松江赤十字病院集談会特別講演.松江市,2015年10月20日
  74. 74)千貫祐子:眼科医のための総合アレルギー講習会 知っておきたい!目から始まる全身性のアレルギー.名古屋市,2015年10月22日
  75. 75)千貫祐子:皮膚科医が救う命~皮膚アレルギー編~.Dermatological Conference.熊本市,2015年10月22日
  76. 76)千貫祐子:即時型アレルギーupdate~私たち皮膚科医が救えるかもしれない命~.第138回浦安皮膚臨床懇話会.浦安市,2015年10月29日
  77. 77)森田栄伸:皮膚障害に関する考え方.SGLT2阻害薬は2型糖尿病治療を変えられるか?―安全かつ有効に使いこなすために―.東京都,2015年11月14日
  78. 78)千貫祐子:アレルギー性蕁麻疹の診断と対処法.第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.松江市,2015年11月21日
  79. 79)千貫祐子:本音トーク!Ⅰ型アレルギー:食物アレルギー.第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.松江市,2015年11月21日
  80. 80)金子 栄:デクスラゾキサン(サビーン®)により治療した抗がん剤の血管外漏出の1例.キッセイ薬品工業社内講演会.出雲市,2015年12月4日
  81. 81)森田栄伸:口腔アレルギー症候群.日本アレルギー学会 第2回総合アレルギー講習会~Total Allergistをめざして~.横浜市,2015年12月12日
  82. 82)千貫祐子:経皮・経粘膜感作から始まる重症アレルギー~花粉―食物アレルギー症候群、セツキシマブアレルギーを中心に~.第17回東京NAM (Nasal Allergy Meeting) 学術大会.東京都,2015年12月3日
  83. 83)金子 栄:アトピー性皮膚炎の眼合併症対策Q&A.日本アレルギー学会第2回総会アレルギー講習会 教育セミナー4.横浜市,2015年12月12日

学会・研究会発表

  1. 1)Daxia, Takahashi H, Kyaw Zaw Hein, Murata S, Morita E:Detection of in vitro antifungal activity against Trichophyton rubrum in water extract of Kampo medicine. 4th Munich International Summer Academy of Practical Dermatology. Munich, Germany, 28 Jul.~1 Aug. 2015
  2. 2)新原寛之:LAMP法で迅速診断したツツガムシ病の1例.第7回日本リケッチア症臨床研究会.大津市,2015年1月10日
  3. 3)髙垣謙二,金子 栄,新原寛之:陥入爪治療バトル.第36回島根皮膚疾患懇話会.出雲市,2015年1月22日
  4. 4)金子 栄,野上京子:乾癬に生物学的製剤投与中に判明したM. fortuitumの1例.第15回リウマチ医のための画像診断研究会.出雲市,2015年3月12日
  5. 5)野上京子,金子 栄,森田栄伸:生物学的製剤投与中に判明した抗酸菌感染症の3例.日本皮膚科学会第372回福岡地方会 今福信一皮膚科主任教授就任記念.福岡市,2015年3月15日
  6. 6)村田 将:治療中にKL-6異常高値を呈した乾癬の1例(当科の生物学的製剤治療のまとめを含めて).第1回西中国皮膚科免疫フォーラム.出雲市,2015年4月11日
  7. 7)新原寛之,田原研二:LAMP法による迅速診断を試みたツツガムシ病の5例.第89回日本感染症学会学術講演会.京都市,2015年4月16日
  8. 8)金子 栄:ステラーラの1次無効例 ステラーラ治療の最適化ワークショップin 西日本.福岡市,2015年4月18日
  9. 9)徳田玲子,長尾みづほ,森田栄伸,横大路智治,松尾裕彰,松田 幹,藤澤隆夫:小麦アレルギー急速減感作療法と自然寛解の好塩基球活性化マーカーCD203c測定による抗原反応性の経年解析.第64回日本アレルギー学会学術大会.東京都,2015年5月27日
  10. 10)千貫祐子,伊藤和行,高橋 仁,森田栄伸:頭頸部癌患者90名におけるα-gal関連抗原特異的IgEの検索とセツキシマブによるアナフィラキシー回避の試み.第64回日本アレルギー学会学術大会.東京都,2015年5月28日
  11. 11)金子 栄,森田栄伸,陶山洋二:血清TARC迅速診断の有用性の検討.第64回日本アレルギー学会学術大会.東京都,2015年5月28日
  12. 12)太田征孝,草竹兼司,金子 栄:当院における陰圧持続吸引療法の統計と適応についての検討.第114回日本皮膚科学会総会.横浜市,2015年5月30日
  13. 13)野上京子,千貫祐子,森田栄伸:当科で経験したアニサキスアレルギー10例の検討.第114回日本皮膚科学会総会.横浜市,2015年5月30日
  14. 14)中川優生,千貫祐子,新原寛之,金子 栄、森田栄伸:当科で経験したコリン性蕁麻疹15例の検討.第114回日本皮膚科学会総会.横浜市,2015年5月30日
  15. 15)新原 寛之,河野 邦江,濱野 強,並河 徹,塩飽 邦憲,森田 栄伸:島根県における下肢静脈瘤の疫学調査.第114回日本皮膚科学会総会.横浜市,2015年5月30日
  16. 16)飛田礼子,草竹兼司,村田 将,森田栄伸:劇症型A群溶連菌感染症の1例.第16回山陰形成外科懇話会.松江市,2015年6月28日
  17. 17)金子 栄,森田栄伸,竹谷 健,小山千草:ネフローゼ症候群を伴った非水疱型魚鱗癬様紅皮症の1例.日本皮膚科学会第373回福岡地方会
  18. 18)嘉眞武国皮膚科主任教授就任記念.久留米市,2015年7月5日
  19. 19)新原寛之,河野邦江,濱野 強,武田美和子,水本一生,山崎雅之,並河 徹,塩邦憲,森田栄伸:立ち仕事と肥満は下肢静脈瘤を増悪させる.~Shimane CoHRE Study から~.第35回日本静脈瘤総会.奈良市,2015年7月11日
  20. 20)中川優生,金子 栄,森田栄伸:デクスラゾキサン(サビーン®)により治療した抗がん剤の血管外漏出の1例.日本皮膚科学会第129回山陰・第25回島根合同開催地方会.米子市,2015年8月23日
  21. 21)太田征孝:右鼻翼部の皮膚腫瘍の1例.日本皮膚科学会第129回山陰・第25回島根合同開催地方会.米子市,2015年8月23日
  22. 22)松木真吾,和田康志,岩田裕子,水本一生,森田栄伸:当院における地域医療としての褥瘡医療.日本皮膚科学会第129回山陰・第25回島根合同開催地方会.米子市,2015年8月23日
  23. 23)白築理恵,千貫祐子,福代新治,森田栄伸:pork-cat syndromeの1例.日本皮膚科学会第129回山陰・第25回島根合同開催地方会.米子市,2015年8月23日
  24. 24)金子 栄,村田 将,森田栄伸:ニボルマブ治療中に発症した尋常性乾癬の1例.第30回日本乾癬学会学術大会.名古屋市,2015年9月4日
  25. 25)村田 将:分子標的治療薬投与中に発症した乾癬様皮疹.第37回島根皮膚疾患懇話会.出雲市,2015年9月17日
  26. 26)村田 将,金子 栄,青井典明,森田栄伸:Nivolumab-induced psoriasis in a patient with amelanotic malignant melanoma of the sinonasal cavity. 第67回日本皮膚科学会西部支部学術大会.長崎市,2015年10月17日
  27. 27)杉原靖子,新原寛之,高橋千春,野上京子,吉田暁子,森田 栄伸:Loop-Mediated Isothermal Amplification (LAMP)にて迅速診断したツツガムシ病の1例.第67回日本皮膚科学会西部支部学術大会.長崎市,2015年10月17日
  28. 28)飛田礼子,千貫祐子,大藤 聡,鈴木久美子,森田栄伸:異なる感作抗原で発症したと考えられたモモアレルギーの2例.第67回日本皮膚科学会西部支部学術大会.長崎市,2015年10月18日
  29. 29)千貫祐子,上田清江,矢野加奈子,森田栄伸:食物アレルギー診断における好塩基球活性化試験の有用性の検討.第11回中国研究皮膚科セミナー.岡山市,2015年11月7日
  30. 30)千貫祐子,森田栄伸:本邦における獣肉アレルギーの解析~α-Gal storyとPork-cat syndrome~.日本皮膚科学会第143回宮崎地方会.宮崎市,2015年11月14日
  31. 31)飛田礼子,草竹兼司,村田 将,森田栄伸:我々が経験した劇症型A群溶連菌感染症の経過報告.第17回山陰形成外科懇話会.鳥取市,2015年11月15日
  32. 32)中川優生,新原寛之,金子 栄,飛田礼子,森田栄伸:発症早期のステロイドミニパルス投与で改善した重症薬疹の3例.第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.松江市,2015年11月20日
  33. 33)杉原靖子,新原寛之,中川優生,白築理恵,飛田礼子,森田栄伸:Loop-Mediated Isothermal Amplification(LAMP)にてHLA-A*3101を検出したカルバマゼピンによるDIHSの2例.第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.松江市,2015年11月20日
  34. 34)野上京子,高橋千春,吉田暁子,千貫祐子,新原寛之,金子 栄,森田栄伸:発症早期にTARCの著明高値を示さなかったDIHSの1例.第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.松江市,2015年11月20日
  35. 35)白築理恵,千貫祐子,山田義貴,東儀君子,森田栄伸:アトピー性皮膚炎に合併した魚アレルギーの3例.第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.松江市,2015年11月20日
  36. 36)神谷栞,秋本栞里,千貫祐子,高橋 仁,森田栄伸,横大路智治,松尾裕彰:エビによる食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)の40kDa抗原の精製法の検討.第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.松江市,2015年11月21日
  37. 37)樋口絢子,千貫祐子,高橋 仁,森田栄伸,横大路智治,松尾裕彰:エビによる食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)の70kDa抗原の同定と解析.第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.松江市,2015年11月21日
  38. 38)小松貴義,太田征孝,千貫祐子,新原寛之,森田栄伸:血清TARC値迅速測定が有用であった薬剤性過敏症症候群(DIHS)の1例.第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.松江市,2015年11月22日
  39. 39)飛田礼子,草竹兼司,村田 将,森田栄伸:劇症型A群溶連菌感染症の1例.平成27年度 出雲NST研修会.出雲市,2015年11月28日
  40. 40)新原寛之:クリオフィブリノーゲン血症(GF)に伴う難治性下腿潰瘍の1例.第14回内視鏡下静脈疾患治療研究会.大阪市,2015年12月9日
  41. 41)太田征孝:透析チューブ抜去後創傷治癒遅延の1例.第3回島根創傷研究会.出雲市,2015年12月12日