1. トップページ
  2. 業績
  3. 2012年

2012年

著 書

  1. 1)Esparza-Gordillo J, Dekio I : Microorganisms and atopic dermatitis. Atopic Dermatitis – Disease Etiology and Clinical Management. In Tech. pp107-122, 2012
  2. 2)兒玉達夫,草竹兼司:病理標本を提出するにあたり、固定方法や詳記のしかたについて注意点を教えてください。専門医のための眼科診療クオリファイ10 眼付属器疾患とその病理.大鹿哲郎,大橋裕一シリーズ総編集,野田実香編集.中山書店.pp29-31, 2012
  3. 3)森田栄伸:薬物動態からみる抗ヒスタミン薬の使い分け.WHAT’S NEW in皮膚科学2012-2013.宮地良樹編.メディカルレビュー社.pp54-55, 2012
  4. 4)森田栄伸: 抗ヒスタミン剤.皮膚科サブスペシャリティーシリーズ 1冊でわかる皮膚アレルギー.塩原哲夫,宮地良樹,清水 宏編.文光堂.pp82-85, 2012
  5. 5)森田栄伸:蕁麻疹:アナフィラキシー.皮膚科サブスペシャリティーシリーズ 1冊でわかる皮膚アレルギー.塩原哲夫,宮地良樹,清水 宏編.文光堂.pp157-158, 2012
  6. 6)森田栄伸:アスピリン不耐症,食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)はなぜ起こる.皮膚科サブスペシャリティーシリーズ 1冊でわかる皮膚アレルギー.塩原哲夫,宮地良樹,清水 宏編.文光堂.pp178-180, 2012
  7. 7)森田栄伸:抗ヒスタミン・アレルギー薬.今日の皮膚疾患治療指針.塩原哲夫,宮地良樹,渡辺晋一,佐藤伸一編.医学書院.pp225-227, 2012
  8. 8)森田栄伸:皮膚顎口虫症.今日の皮膚疾患治療指針.塩原哲夫,宮地良樹,渡辺晋一,佐藤伸一編.医学書院.pp891-892, 2012
  9. 9)森田栄伸:治療.診療医のためのアレルギー診療ガイドブック.一般社団法人 日本アレルギー学会編.診断と治療社.pp416-420, 2012
  10. 10)森田栄伸:蕁麻疹と血管性浮腫.アレルギー・リウマチ膠原病診療最新ガイドライン.足立 満,笠間 毅編.総合医学社.pp100-102, 2012
  11. 11)森田栄伸:蕁麻疹.診療ガイドラインUP-TO-DATE 2012-2013.門脇 孝,小室一成,宮地良樹編.メディカルレビュー社.pp162-167, 2012
  12. 12)千貫祐子:思春期に多い蕁麻疹のタイプは?思春期の皮膚トラブルFAQ.宮地良樹編.診断と治療社.pp91-97, 2012
  13. 13)千貫祐子:加水分解小麦によるFDEIAの意外な女性の感作ルートとは?女性の皮膚トラブルFAQ.宮地良樹編.診断と治療社.pp271-275, 2012
  14. 14)千貫祐子:エビやカニを触ると接触蕁麻疹ができる?女性の皮膚トラブルFAQ.宮地良樹編.診断と治療社.pp276-281, 2012
  15. 15)草竹兼司:医原性創傷:点滴漏れ(血管外薬剤漏出).創傷のすべて-キズをもつすべての人のために-.市岡 滋監修,安部正敏,溝上祐子,寺師浩人編集.克誠堂出版.pp76-77, 2012
  16. 16)草竹兼司:陥入爪.創傷のすべて-キズをもつすべての人のために-.市岡 滋 監修,安部正敏,溝上祐子,寺師浩人編集.克誠堂出版.pp234-235, 2012
  17. 17)草竹兼司:爪郭炎・爪周囲炎・ひょう疽.創傷のすべて-キズをもつすべての人のために-.市岡 滋監修,安部正敏,溝上祐子,寺師浩人編集.克誠堂出版.pp260-261, 2012
  18. 18)森田栄伸:皮膚瘙痒症.今日の治療指針.山口 徹,北原光男,福井次矢総編集.医学書院.pp1004-1005, 2012
  19. 19)金子 栄:慢性創傷7.自己免疫性疾患に伴う潰瘍 関節リウマチ.創傷のすべて-キズをもつすべての人のために-.市岡 滋監修,安部正敏,溝上祐子,寺師浩人編集.克誠堂出版.pp145-147, 2012

総 説

  1. 1)Chinuki Y, Morita E: Wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis sensitized with hydrolyzed wheat protein in soap. Allergol Int 61(4): 529-537, 2012
  2. 2)森田栄伸:加水分解コムギ含有石鹸による蕁麻疹.日皮協ジャーナル 35(1): 19-23, 2012
  3. 3)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシーの発症と抗原感作.アレルギー・免疫 19(1): 70-77, 2012
  4. 4)森田栄伸:慢性痒疹・皮膚瘙痒症の全身療法.アレルギー・免疫 19(6): 940-942, 2012
  5. 5)森田栄伸:蕁麻疹診療のガイドライン-特発性蕁麻疹の補助的治療薬-.アレルギー 61(7): 926-929, 2012
  6. 6)佐藤貴浩,横関博雄,片山一朗,室田浩之,戸倉新樹,朴 紀央,椛島健治,中溝 聡,高森建二,塩原哲夫,三橋 善比古,森田栄伸:慢性痒疹診療ガイドライン.日本皮膚科学会雑誌 122(1): 1-16, 2012
  7. 7)佐藤貴浩,横関博雄,片山一朗,室田浩之,戸倉新樹,朴 紀央,椛島健治,中溝 聡,高森建二,塩原哲夫,三橋 善比古,森田栄伸:汎発性皮膚そう痒症診療ガイドライン.日本皮膚科学会雑誌 122(2): 267-280, 2012
  8. 8)千貫祐子,松尾裕彰,高橋 仁,森田栄伸:小麦アレルギーの主要アレルゲンの同定.臨床免疫・アレルギー科.58(1): 63-71, 2012
  9. 9)森田栄伸,千貫祐子,高橋 仁:「茶のしずく石鹸」によるWDEIA.Visual Dermatology 11(3): 280-283, 2012
  10. 10)森田栄伸:特集 内服ステロイド,その甘い罠/蕁麻疹に対する使い方,予期せぬ結果とその対策.Visual Dermatology 11(6): 620-622, 2012
  11. 11)千貫祐子,森田栄伸:旧「茶のしずく石鹸」中の加水分解小麦により感作されたFDEIA.臨床皮膚科 66(5): 8-11, 2012
  12. 12)森田栄伸,千貫祐子:FDEIAにおけるω-5グリアジン検査.臨床皮膚科 66(5): 147-149, 2012
  13. 13)千貫祐子:加水分解小麦によるFDEIA.皮膚アレルギーフロンティア 10(1): 52-54, 2012
  14. 14)森田栄伸,千貫祐子:茶のしずく石鹸による小麦アレルギー.皮膚と美容 144(2): 63-66, 2012
  15. 15)千貫祐子:食物依存性運動誘発アナフィラキシーの診断と生活指導.MB Derma 194: 35-42, 2012
  16. 16)千貫祐子,森田栄伸:食物アレルギーと経皮感作-加水分解小麦含有石鹸を含めて-.小児内科 44(12): 2015-2018, 2012
  17. 17)森田栄伸,千貫祐子,野上京子:蕁麻疹・血管性浮腫型薬疹.MB Derma 198: 65-69, 2012
  18. 18)千貫祐子,森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシーの検査方法.日本皮膚科学会雑誌 122(13): 3310-3312, 2012
  19. 19)千貫祐子,森田栄伸:皮膚アレルギー疾患の診断に必要な基礎知識.日本皮膚科学会雑誌 122(13): 3425-3427, 2012

原 著

  1. 1)Morita E, Chinuki Y, Takahashi H, Nabika T, Yamasaki M, Shiwaku K: Prevalence of wheat allergy in Japanese adults. Allergol Int 61(1): 101-105, 2012
  2. 2)Dekio I, Rajendram D, Morita E, Gharbia S, Shah HN: Genetic diversity of Propionibacterium acnes strains isolated from human skin in Japan and comparison with their distribution in Europe. J Med Microbiol 61: 622-630, 2012
  3. 3)Takahashi H, Matsuo H, Chinuki Y, Kohno K, Tanaka A, Maruyama N, Morita E: Recombinant high molecular weight-glutenin subunit-specific IgE detection is useful in identifying wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis complementary to recombinant omega-5 gliadin-specific IgE test. Clin Exp Allergy 42: 1293-1298, 2012.
  4. 4)Chinuki Y, Kaneko S, Dekio I, Takahashi H, Tokuda R, Nagao M, Fujisawa T, Morita E: CD203c expression-based basophil activation test for diagnosis of wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis. J Allergy Clin Immunol 129(5): 1404-1406, 2012
  5. 5)Dekio I, Chinuki Y, Furumura M, Morita E: Recurrent Kaposi's varicelliform eruption successfully controlled by low-dose oral valaciclovir. J Dermatol 39(2): 197-199, 2012
  6. 6)Imaoka K, Kaneko S, Harada Y, Ota M, Furumura M, Morita E: Neutrophilic dermatosis of the palms. J Dermatol 39(11): 949-951, 2012
  7. 7)Dekio I, Matsuki S, Morita E: High carriage rate of Staphylococcus aureus and Streptococcus agalactiae in nine cases of fungus-free intertrigo of the toe cleft. Int J Dermatol. 2012 Jul 27. [Epub ahead of print]
  8. 8)Zhang Y, Wang T, Gao S, Morita E: Novel allergen from the freshwater clam and the related allergy. J Dermatol 39(7):672-674, 2012
  9. 9)Niihara H, Kakamu T, Fujita Y, Kaneko S, Morita E: HLA-A31 strongly associates with carbamazepine-induced adverse drug reactions but not with carbamazepine-induced lymphocyte proliferation in a Japanese population. J Dermatol 39(7):594-601, 2012
  10. 10)Mizumoto K, Sumikawa Y, Niihara H, Morita E: Case of carbamazepine -induced hypersensitivity syndrome associated with human leukocyte antigen-A*3101. J Dermatol. 39(9):791-792, 2012
  11. 11)Shinoda J, Inomata N, Chinuki Y, Morita E, Ikezawa Z: Case of allergy due to hydrolyzed wheat proteins in commercial boiled pork. J Dermatol 39(8):724-726, 1012
  12. 12)Murata S, Hashiguchi N, Shimizu M, Endo A, Omura N, Morita E: Skin disorders and the role of dermatologists after the Tsunami in Japan. J Eur Acad Dermatol Venereol 26(7):923-924, 1012
  13. 13)Nagase H, Nakachi Y, Ishida K, Kiniwa M, Takeuchi S, Katayama I, Matsumoto Y, Furukawa F, Morizane S, Kaneko S, Tokura Y, Takenaka M, Hatano Y and Miyachi Y: IL-4 and IL-12 polymorphisms are associated with response to suplatast tosilate, a Th2 cytokine inhibitor, in patients with atopic dermatitis. Open Dermatol J 6, 42-50, 1012
  14. 14)水本一生,新原寛之,森田栄伸:下肢静脈瘤に対するフォーム硬化療法を併用した手術の短期治療成績.日本皮膚科学会雑誌 122(5): 1375-1380, 2012
  15. 15)高橋 仁,金子 栄,千貫祐子,新原寛之,出来尾 格,澄川靖之,今岡かおる,森田栄伸,東儀君子,高垣謙二,辻野佳雄,三原祐子,石飛朋子,福代新治,本田 栄,山田義貴:他抗ヒスタミン薬で効果不十分な慢性蕁麻疹患者に対するロラタジンの臨床的有用性の検討.西日本皮膚科 74(3): 293-300, 2012
  16. 16)角田孝彦,吉澤秀華,千貫祐子:小麦アレルギー9例の小麦特異的IgEと皮内テストの検討.皮膚科の臨床 54(6): 841-844, 2012
  17. 17)太田征孝,吉田雄一,塩見達志,近藤真久,森田栄伸,山本 修:前額に生じたSpindle Cell Xanthogranulomaの1例.皮膚科の臨床54(3):514-515,2012
  18. 18)相澤貴之、角田孝彦、日高高徳、千貫祐子:お茶石鹸により感作された小麦アレルギーの13例.山形済生館医誌.37: 64-67, 2012.
  19. 19)草竹兼司,新原寛之,森田栄伸:当科における閉創とEco-Dressing.日本皮膚外科学会誌 16(1): 6-7, 2012
  20. 20)金子 栄,三原祐子,高塚純子,高垣謙二:膿瘍天蓋除去により治療した頭部慢性膿皮症.皮膚科の臨床 54(8): 1081-1085, 2012
  21. 21)土井直考,稲葉 豊,金澤伸雄,古川福実,千貫祐子,森田栄伸:石鹸含有加水分解小麦とω-5グリアジン双方に血中IgEの結合を認めた小麦依存性運動誘発性アナフィラキシーの1例.J Environ Dermatol Cutan Allergol 6(5): 427-432, 2012

報 告 書

  1. 1)金子 栄:アトピー性皮膚炎の患者指導指針の作成に関する研究.厚生労働科学研究費補助金 アレルギー疾患のダイナミックな変化とその背景因子の横断的解析による医療経済の改善効果に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 2012年3月 pp47-49
  2. 2)森田栄伸:Allopurionolによる重症薬疹患者におけるHLAの解析.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「重症多形滲出性紅斑に関する調査研究」平成23年度総括・分担研究報告書 2012年3月 pp36-38

雑 録

  1. 1)森田栄伸:高い除菌効果を保ちながら肌荒れを回避 島根大学と共同で実証実験.介護ビジョン.Jan 2012 Vol.103
  2. 2)森田栄伸:知っておきたい『食物依存性運動誘発アナフィラキシー』.All-Ex Vol.3 No.1
  3. 3)森田栄伸:研修医時代の出会いが方向性を決める.アレルギーの臨床32(6): 493, 2012
  4. 4)森田栄伸:蕁麻疹はなぜ起こる.Credentials 48: 6-12, 2012
  5. 5)金子 栄:質疑応答-2012年6月号p.653に対しての質問―.Visual Dermatology 11(9): 998, 2012
  6. 6)森田栄伸:スキルアップのためのQ&A-慢性蕁麻疹にH2拮抗薬の併用は有効か.皮膚アレルギーフロンティア10(2): 67, 2012
  7. 7)千貫祐子:これがWDEIAの眼瞼病変だ!皮膚アレルギーフロンティア 10(3): 200, 2012
  8. 8)森田栄伸:加水分解小麦入り石鹸による感作とFDEIA.デルマ倶楽部 11(2): 7-8, 2012
  9. 9)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシー.BreathLet 5: 10-11, 2012
  10. 10)森田栄伸:マスタードガスによる皮膚障害~後遺症の治療法.マスタードガス障害アトラス~マスタードガス暴露被害者の救援を通したイランと日本の架け橋~.pp253-258, 2012
  11. 11)千貫祐子,古村南夫,森田栄伸:苦参.CONTACT DERMATITIS-接触皮膚炎症例集.皮膚病診療(2012年増刊号)62, 2012
  12. 12)森田栄伸:病態・治療Q&A-加水分解小麦による経皮感作について教えてください.臨床のあゆみ94: 11-12, 2012
  13. 13)森田栄伸:島根県でのアレルギー治療から世界レベルの研究を.Zoom Up Allergy. 3, 2012
  14. 14)森田栄伸:編集企画にあたって.MB Derma 194:前付1, 2012
  15. 15)金子 栄:実地診療マニュアル イラスト&ビジュアル【蕁麻疹】Clonical derma .15(1) : 3, 1012

学会発表他

講演・シンポジウム

  1. 1)澄川靖之:日本・中国のアトピー検診を通して見えてきたもの.第28回島根皮膚疾患懇話会.出雲市,2012年1月
  2. 2)森田栄伸:臨床上の疑問を臨床材料から解明する.日本研究皮膚科学会 第3回JSIDきさらぎ塾.中頭郡,2012年2月
  3. 3)森田栄伸:じんましん診療の実際.ザイザル®発売1週年記念講演会.厚木市,2012年2月
  4. 4)新原寛之:薬とリスク.テラビック錠新発売記念学術講演会.出雲市,2012年3月
  5. 5)森田栄伸:食物アレルギーの話題.第11回ゐのはな皮膚科セミナー.千葉市,2012年3月
  6. 6)森田栄伸:お茶石鹸アレルギーのてんまつ.ザイザル錠発売1周年記念講演会.金沢市,2012年3月
  7. 7)森田栄伸:皮膚科領域の食物アレルギー.青葉区皮膚科専門医会学術講演会.横浜市,2012年3月
  8. 8)森田栄伸:蕁麻疹診療のポイント.「12会」座談会.鹿児島市,2012年3月
  9. 9)森田栄伸:アレルギーの最近の話題.安佐皮膚科医会.広島市,2012年3月
  10. 10)森田栄伸:抗原解析からみえる食物アレルギー.日本皮膚科学会第76回栃木地方会総会.宇都宮市,2012年3月
  11. 11)森田栄伸:アトピー性皮膚炎と食物アレルギー.第1回出雲小児科医会勉強会.出雲市,2012年4月
  12. 12)森田栄伸:蕁麻疹診療のポイント.第5回Josai dermatology conference.東京都,2012年4月
  13. 13)森田栄伸:皮膚疾患に伴うかゆみ治療.アレロック全国講演会 小児アレルギー疾患の治療を考える.東京都,2012年4月
  14. 14)森田栄伸:アレルギー性皮膚疾患における抗原検索とその留意点.第28回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 教育講演1.福岡市,2012年4月
  15. 15)森田栄伸:病型別の蕁麻疹の診断と治療.ザイザル®錠発売1周年記念講演会.岐阜市,2012年5月
  16. 16)森田栄伸:皮膚アレルギーの最近の話題.第158回福山皮膚科医会学術講演会.福山市,2012年5月
  17. 17)森田栄伸:ガイドラインに載らない蕁麻疹診療のこつ.第24回日本アレルギー学会春季臨床大会 イブニングセミナー2.大阪市,2012年5月
  18. 18)千貫祐子:食物アレルギーupdate.東予皮膚科学会学術講演会.新居浜市,2012年5月
  19. 19)森田栄伸:病態から導く蕁麻疹治療.第111回日本皮膚科学会総会 ランチョンセミナー18.京都市,2012年6月
  20. 20)森田栄伸:角層解析からみたアトピー.第111回日本皮膚科学会総会 ランチョンセミナー23.京都市,2012年6月
  21. 21)森田栄伸:皮膚アレルギー性疾患の最新の話題.第111回日本皮膚科学会総会 イブニングセミナー13.京都市,2012年6月
  22. 22)千貫祐子:食物依存性運動誘発アナフィラキシーの検査法.第111回日本皮膚科学会総会 教育講演19.京都市,2012年6月
  23. 23)千貫祐子:皮膚アレルギー疾患の診断に必要な基礎知識.第111回日本皮膚科学会総会 教育講演27.京都市,2012年6月
  24. 24)金子 栄:褥瘡の評価方法について.第4回在宅褥瘡ケアセミナー.浜田市, 2012年6月
  25. 25)金子 栄:アトピー性皮膚炎の外来指導について.鳥取県皮膚科懇話会.鳥取市,2012年6月
  26. 26)森田栄伸:蕁麻疹診療のポイント.アレルギー講演会2012.長崎市,2012年6月
  27. 27)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシー~小麦アレルギーを中心に~.G・SKIN SEMINAR.東京都 2012年6月
  28. 28)森田栄伸:食物アレルギーの話題.第11回東京皮膚EBMセミナー.東京都,2012年7月
  29. 29)森田栄伸:皮膚アレルギーの最新の話題.第42回合同アレルギー研究会.東京都,2012年7月
  30. 30)森田栄伸:抗原解析から見た食物アレルギー.第51回京慈臨床アレルギー懇話会.京都市,2012年7月
  31. 31)森田栄伸:改訂蕁麻疹診療ガイドラインを中心に.第42回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 ランチョンセミナー1.北佐久郡,2012年7月
  32. 32)千貫祐子:食物アレルギーの新しい診断と治療の試み.第42回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 イブニングセミナー2.北佐久郡,2012年7月
  33. 33)千貫祐子:食物アレルギーの診断における好塩基球活性化マーカーCD203cの有用性.第42回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 シンポジウム3.北佐久郡,2012年7月
  34. 34)千貫祐子,松尾裕彰,新原邦江,高橋 仁,田中 昭,森田栄伸:リコンビナント小麦蛋白特異的IgE測定の有用性.第42回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 ミニシンポジウム.北佐久郡,2012年7月
  35. 35)高橋 仁,千貫祐子,森田栄伸:食物アレルギーとセツキシマブアレルギー.第42回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 シンポジウム3.北佐久郡,2012年7月
  36. 36)千貫祐子,金子 栄,出来尾 格,澄川靖之,新原寛之,今岡かおる,村田 将,吉田雄一,東儀君子,森田栄伸:石鹸中の加水分解小麦で感作され小麦依存性運動誘発アナフィラキシーを発症した12例の解析.第42回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 2011年度JEDCA最優秀論文賞 受賞講演.北佐久郡,2012年7月
  37. 37)森田栄伸:「慢性蕁麻疹の診断と治療」について.第6回相模原臨床アレルギーセミナー.横浜市,2012年8月
  38. 38)森田栄伸:ここまでわかった蕁麻疹治療.神戸アレルギーフォーラム2012.神戸市,2012年8月
  39. 39)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシー~小麦アレルギーを中心に~.GSKIN SEMINAR.東京都,2012年9月
  40. 40)森田栄伸:アレルギー疾患の最近の話題.第13回皮膚科・耳鼻咽喉科合同学術講演会.松山市,2012年9月
  41. 41)森田栄伸:食物アレルギーを中心とした皮膚アレルギー疾患の最近の話題.第1回香川皮膚免疫フォーラム.高松市,2012年10月
  42. 42)森田栄伸:蕁麻疹診療のポイント.第8回神奈川皮膚免疫アレルギー疾患研究会.横浜市,2012年10月
  43. 43)森田栄伸:皮膚科領域の食物アレルギー.中越皮膚科医会.長岡市,2012年10月
  44. 44)森田栄伸:アレルギー性蕁麻疹の最新の話題.第64回日本皮膚科学会西部支部学術大会 教育講演5.広島市,2012年10月
  45. 45)千貫祐子:食物アレルギー update.横浜市皮膚科医会.横浜市,2012年10月
  46. 46)森田栄伸:蕁麻疹の最新の話題.アレルギー疾患先端治療研究会.東京都,2012年10月
  47. 47)森田栄伸:知って得するアレルギーの話.第61回日本農村医学会学術総会 ランチョンセミナー4.松江市,2012年11月
  48. 48)森田栄伸:ここまでわかった蕁麻疹治療. 皮膚アレルギー疾患の治療戦略.アレロック学術講演会.名古屋市,2012年11月
  49. 49)千貫祐子:アレルギー性蕁麻疹の最新の話題~茶のしずく石鹸の問題を含めた食物アレルギーの最新情報~.第31回アレルギーフォーラム.入間郡,2012年11月
  50. 50)森田栄伸:皮膚アレルギーの最近の話題.タリオン皮膚科効能追加10周年講演会in宇部.宇部市,2012年11月
  51. 51)森田栄伸:ここまでわかった蕁麻疹治療.目黒区皮膚科医会学術講演会.東京都,2012年11月
  52. 52)森田栄伸:ここまでわかった蕁麻疹治療.奈良皮膚小児アレルギー講演会.奈良市,2012年12月
  53. 53)森田栄伸:皮膚アレルギー患者の不安にどう対処するか?第62回日本アレルギー学会秋季学術大会 教育セミナー22.大阪市,2012年12月

その他(報告会・説明会等)

  1. 1)金子 栄:アトピー性皮膚炎の患者指導指針の作成.平成23年度厚生労働科学研究費補助金 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業(免疫アレルギー疾患分野)研究報告会.東京都,2012年1月
  2. 2)森田栄伸:学士編入試験が求める人物像~島根大学医学部.河合塾KALS進学フェア.東京都,2012年3月
  3. 3)金子 栄:乾癬治療について.鳥居薬品(株)社内講師研修会.出雲市,2012年5月
  4. 4)森田栄伸:薬剤性の皮膚障害.田辺三菱製薬(株)中国支店学術情報部社内勉強会.出雲市,2012年6月
  5. 5)千貫祐子:食物アレルギーの現状と対応.平成24年度島根県養護教諭研究連絡協議会夏期研修会.出雲市,2012年7月
  6. 6)森田栄伸:知って得する食物アレルギー.平成24年度浜田地区栄養士会研修会.浜田市,2012年11月
  7. 7)金子 栄:乾癬の臨床 その後2012.ヤンセンファーマ(株)社内勉強会.出雲市,2012年11月

学会・研究会発表

  1. 1)Kaneko S, Murata S, Seishima M, Chinuki Y, Morita E: QuantiFERON®-TB (QFT) test is a useful marker for cutaneous Mycobacterium marinum infection in a patient receiving adalimumab treatment. 2nd Eastern Asia Dermatology Congress. China, June 13-15, 2012
  2. 2)Murata S, Kaneko S, Harada Y, Matsuki S, Ota M, Sumikawa Y, Morita E: Successful treatment of acrodermatitis continua of Hallopeau with infliximab in a patient with hepatitis C virus infection. 2nd Eastern Asia Dermatology Congress. China, June 13-15, 2012
  3. 3)Chinuki Y, Kaneko S, Dekio I, Takahashi H, Tokuda R, Nagao M, Fujisawa T, Morita E: CD203c expression-based basophil activation test is useful in the diagnosis of wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis. 42nd Annual ESDR Meeting. Venice, Sept 19-22, 2012
  4. 4)Morita E, Amarbayasagalan T, Takahashi H: Interleukin-8 content in the stratum corneum is an good indicator of the severity of inflammation in the lesions of atopic dermatitis. 42nd Annual ESDR Meeting. Venice, Sept 19-22, 2012
  5. 5)Hein K, Takahashi H, Schroeder J, Morita E: Isolation of an antifungal protein from human skin. 42nd Annual ESDR Meeting. Venice, Sept 19-22, 2012
  6. 6)Takahashi H, Chinuki Y, Morita E: Identification of laminin γ-1 and collagen α-1 (VI) chain with galactose-α-1, 3-galactose as allergens in Japanese patients with beef allergy. The 10th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology. Tokushima, Nov 14-17, 2012
  7. 7)Kusatake K, Murata S, Kaneko S, Morita E: The limitation of preoperative imaging diagnosis and usefulness of sentinel lymph node biopsy to determine indication for lymphadenectomy. The 10th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology. Tokushima, Nov 14-17, 2012
  8. 8)金子 栄:島根大学病院におけるBiologicsの使用実験.第2回Psoriasis Academy in Chugoku. 広島市,2012年1月
  9. 9)金子 栄,村田 将,太田征孝,木佐裕美:糖尿病合併の尋常性乾癬を生物学的製剤にて治癒した1例.第28回島根皮膚疾患懇話会.2012年1月
  10. 10)遠山京子,澄川靖之,今岡かおる,千貫祐子,森田栄伸:トルミナール®によるアナフィラキシー.第28回島根皮膚疾患懇話会.2012年1月
  11. 11)新原寛之,澄川靖之,千貫祐子,森田栄伸,近藤健人:PCR法にてリケッチアを鑑別したラモトリギンによる重症薬疹の1例.第4回日本リケッチア症臨床研究会・第18回リケッチア研究会合同研究発表会.大阪市,2012年2月
  12. 12)松木真吾,川﨑洋司:肉芽腫性皮疹を呈した1例の治療経験.第8回山陰皮膚疾患研究会.松江市,2012年3月
  13. 13)新原寛之,松木真吾,三島千明,今岡かおる,森田栄伸:PCR法にて診断した日本紅斑熱の1例.第123山陰・第19回島根合同開催地方会.出雲市,2012年3月
  14. 14)遠山京子,千貫祐子,澄川靖之,今岡かおる,山本 慧,森田栄伸,福代新治,高橋賢史:塩酸エペリゾン(トルミナール®)によるアナフィラキシー型薬疹の1例.第123山陰・第19回島根合同開催地方会.出雲市,2012年3月
  15. 15)今岡かおる,金子 栄,森田栄伸,丸山理留敬:関節リウマチ、シェーグレン症候群でアダリムマブ投与中に生じたDLE様薬疹の1例.第123山陰・第19回島根合同開催地方会.出雲市,2012年3月
  16. 16)草竹兼司,新原寛之,金子 栄,森田栄伸:2009年~2011年の3年間における手術症例の報告.第123山陰・第19回島根合同開催地方会.出雲市,2012年3月
  17. 17)金子 栄:島根大学皮膚科におけるアトピー性皮膚炎でのシクロスポリンの使用経験.第3回アトピー性皮膚炎エキスパートミーティング.広島市,2012年4月
  18. 18)金井理恵,福田誠司,山口淸次,金子 栄,出来尾 格,中村和洋:日光過敏症で発症したCAEBVの1幼児例.第11回島根ヘルペス研究会.出雲市,2012年5月
  19. 19)金子 栄,村田 将,太田征孝,千貫祐子,森田栄伸:セフジトレンビボキシル(メイアクト:CDTR-OI)によるアナフィラキシーの1例.第24回日本アレルギー学会春季臨床大会.大阪市,2012年5月
  20. 20)遠山京子,千貫祐子,森田栄伸:帯状疱疹における薬物療法の有用性の検討.第11回島根ヘルペス研究会.出雲市,2012年5月
  21. 21)飛田礼子,千貫祐子,吉田暁子,森田栄伸,鈴宮淳司,東儀君子:躯幹に多発した褐色結節.第29回島根皮膚疾患懇話会.松江市,2012年5月
  22. 22)内海康生,今岡かおる,千貫祐子,森田栄伸:トラニラストが奏効した顔面播種状粟粒性狼瘡の1例.第29回島根皮膚疾患懇話会.出雲市,2012年5月
  23. 23)松木真吾,太田征孝,出来尾 格,宮本真浩,若本裕晶,森田栄伸:白癬菌検出試験紙の白癬菌検出率の検討.第111回日本皮膚科学会総会.京都市,2012年6月
  24. 24)新原寛之,水本一生,松木真吾,太田征孝,村田 将,横山真雄,伊藤 恵,金築一摩,今井健介,森田栄伸:フォーム硬化療法併用下肢静脈瘤手術の短期治療成績.第111回日本皮膚科学会総会.京都市,2012年6月
  25. 25)田中 文,糸井沙織,寺尾美香,松井佐起,谷 守,花房崇明,井川 健,片山一郎,千貫祐子,森田栄伸:茶のしずく使用後に発症したWDEIAとOASを合併した1例:石鹸のInflammasome刺激作用の検討.第111回日本皮膚科学会総会.京都市,2012年6月
  26. 26)足立厚子,西岡美南,福田佳奈子,一角直行,佐々木祥人,下浦真人,井口佳代,上田正登,千貫祐子,森田栄伸:加水分解小麦入り石鹸による感作が推測される,ω-5グリアジン特異IgE陽性の小麦依存性FDEIA3例.第111回日本皮膚科学会総会.京都市,2012年6月
  27. 27)千貫祐子,金子 栄,高橋 仁,森田栄伸:加水分解小麦型WDEIAの予後.第111回日本皮膚科学会総会.京都市,2012年6月
  28. 28)太田征孝,金子 栄,村田 将,千貫祐子,森田栄伸:インフリキシマブ投与が奏功した多中心性細網組織球症の1例.第111回日本皮膚科学会総会.京都市,2012年6月
  29. 29)新原寛之:不全穿通枝の逆流血で血栓形成した大伏在静脈血栓症の1例.第32回日本静脈学会総会,さいたま市,2012年6月
  30. 30)草竹兼司,金子 栄,新原寛之,森田栄伸:術前画像検査におけるリンパ節転移の評価の限界を感じた3例.第10回山陰形成外科懇話会.松江市,2012年6月
  31. 31)草竹兼司,金子 栄,澄川靖之,村田 将,太田 征孝,森田栄伸:術前画像検査の限界とセンチネルリンパ節生検に関して.第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会.札幌市,2012年6月
  32. 32)足立厚子,西岡美南,福田佳奈子,一角直行,佐々木祥人,千貫祐子,森田栄伸:加水分解小麦含有石鹸に起因する小麦アレルギーと通常の小麦アレルギー.第42回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.北佐久郡,2012年7月
  33. 33)千貫祐子,高橋 仁,森田栄伸:牛肉による即時型アレルギーを示した22例の臨床的解析.第42回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.北佐久郡,2012年7月
  34. 34)草竹兼司:腸管露出を伴った腹壁創離開創2例に対する陰圧閉鎖療法の治療経験.第4回日本創傷外科学会総会・学術集会.博多市,2012年7月
  35. 35)新原寛之,森田栄伸,横山真雄,伊藤 恵,金築一摩,清水弘治,今井健介,末廣章一,花田智樹,織田禎二,水本一生:フォーム硬化療法併用下肢静脈瘤手術の短期治療成績.第38回中国地区MMC研究会.広島市,2012年9月
  36. 36)草竹兼司,金子 栄,新原寛之,村田 将,太田征孝,森田栄伸:術前画像検査の限界とセンチネルリンパ節生検の有用性に関して.第27回日本皮膚外科学会・学術集会.盛岡市,2012年9月20日
  37. 37)金子 栄,千貫祐子,森田栄伸,清島真理子:生物学的製剤治療中乾癬患者に合併した皮膚非結核性抗酸菌感染症の1例.第27回日本乾癬学会学術大会.新潟市,2012年9月
  38. 38)太田征孝,千貫祐子,森田栄伸:難治性大腿潰瘍の1例.第30回島根皮膚疾患懇話会.出雲市,2012年9月
  39. 39)森田栄伸,Tseveendorj Amarbayasgalan,高橋 仁:アトピー性皮膚炎角層中のサイトカイン量の測定とその意義.第362回日本皮膚科学会福岡地方会 中村元信教授就任記念.北九州市,2012年9月
  40. 40)草竹兼司,村田 将,松木真吾,今岡かおる,飛田礼子,太田征孝,森田栄伸,清水美穂子:腸管露出を伴った腹壁創離開創2症例に対する陰圧閉鎖療法の治療経験.第10回島根県創傷ケア研究会.出雲市,2012年9月
  41. 41)小村直之,橋口尚之,村田 将,清水美穂子,遠藤篤也,西村信弘,直良浩司:医療救護班における活動評価―「薬剤師のための災害対策マニュアル」―.日本医療マネジメント学会第11回島根支部学術集会.松江市,2012年9月
  42. 42)金子 栄,草竹兼司,澄川靖之,山口拓也,神田眞理子,糸賀かおる,山本美和子,川口喜美子,清水美穂子,西山裕美,山崎祐子,佐藤千晃,久保田明子,今岡恵美,森田栄伸:島根大学医学部附属病院における褥瘡回診からみた褥瘡発生の季節性変動について.第10回島根県創傷ケア研究会.出雲市,2012年9月
  43. 43)村田 将,澄川靖之,高橋 仁,松木真吾,太田征孝,新原寛之,古賀浩嗣,橋本 隆,森田栄伸:Stevens-Johnson症候群様症状を呈した抗ラミニン332型天疱瘡の1例.第76回日本皮膚科学会東部支部学術大会.札幌市,2012年9月
  44. 44)松木真吾,千貫祐子,新原寛之,森田栄伸:豆乳によるアナフィラキシーの1例.第64回日本皮膚科学会西部支部学術大会.広島市,2012年10月
  45. 45)千貫祐子,高橋 仁,森田栄伸:牛肉アレルギーの発症原因と交差反応性に関する検討.第64回日本皮膚科学会西部支部学術大会.広島市,2012年10月
  46. 46)金子 栄,今岡かおる,太田征孝,森田栄伸,岸本晃司,土坂享成,大日輝記,濱田尚宏,橋本 隆:胸腺腫を伴った落葉状天疱瘡の1例.第46回日本皮膚科学会西部支部学術大会.広島市,2012年10月
  47. 47)飛田礼子,野上京子,千貫祐子,森田栄伸:中間代謝産物を用いたパッチテストで陽性を示したカルボシステインによる固定薬疹の1例.第46回日本皮膚科学会西部支部学術大会.広島市,2012年10月
  48. 48)水本一生,草竹兼司,新原寛之,森田栄伸,野宗義博:当科で経験した難治性下腿潰瘍の症例.第46回日本皮膚科学会西部支部学術大会.広島市,2012年10月
  49. 49)新原寛之:島根県におけるツツガムシ病死亡症例の原因リケッチア株について遺伝子解析をした1例.第61回日本農村医学会学術総会.松江市,2012年11月
  50. 50)Kyaw Zaw Hein, Takahashi H, Schroeder J-M, Tsumori T, Morita E: New antifungal protein and its acting mechanism. 第8回中国研究皮膚科セミナー.岡山市,2012年11月
  51. 51)草竹兼司,安樂邦明,森田栄伸:下口唇部の悪性腫瘍の切除後に鼻唇溝皮弁を用いて再建した1症例.第11回山陰形成外科懇親会.出雲市,2012年11月
  52. 52)草竹兼司,安樂邦明,森田栄伸:下口唇部の悪性腫瘍の切除後に鼻唇溝皮弁を用いて再建した1症例.第94回長崎形成外科懇話会.松江市,2012年11月
  53. 53)金子 栄,森田栄伸:アトピー性皮膚炎(AD)患者指導の患者へのアンケート調査クロス集計結果.第62回日本アレルギー学会秋季学術大会.大阪市,2012年12月
  54. 54)千貫祐子,森田栄伸,高橋 仁:牛肉アレルギーの発症原因と交叉反応性に関する検討.第62回日本アレルギー学会秋季学術大会.大阪市,2012年12月
  55. 55)足立厚子,千貫祐子,嶋倉邦嘉,森田栄伸:食肉によるアナフィラキシー例における抗原検索.第62回日本アレルギー学会秋季学術大会.大阪市,2012年12月
  56. 56)杉山晃子,岸川禮子,西江温子,下田照文,岩永知秋,西間三馨,嶋田清隆,古江増隆,田辺創一,千貫祐子,森田栄伸,福富友馬,中村政志,松永佳世子:加水分解コムギにより生じたWDEIAにおける負荷検査の結果と有用性.第62回日本アレルギー学会秋季学術大会.大阪市,2012年12月
  57. 57)徳田玲子,長尾みづほ,杉本真弓,細木興亜,千貫祐子,森田栄伸,藤澤隆夫:加水分解小麦末含有石鹸使用者に生じた小麦アレルギーにおける好塩基球活性化マーカーCD203c検査の意義.第62回日本アレルギー学会秋季学術大会.大阪市,2012年12月
  58. 58)金子 栄,澄川靖之,森田栄伸,山口拓也,神田眞理子,糸賀かおる,山本美和子,川口喜美子,清水美穂子,西山裕美,草竹兼司:島根大学医学部付属病院における2009年から3年間の褥瘡対策からみた季節性変動について.第42回日本創傷治癒学会.札幌市,2012年12月