1. トップページ
  2. 業績
  3. 2011年

2011年

著 書

  1. 1)Morita E, Matsuo H, Chinuki Y, Takahashi H: Food-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis. In Asian Skin and Skin Diseases. Hee Chul Eun, Soo-Chan Kim, Won-Soo Lee Editors. MEDRANG Inc. pp85-89, 2011
  2. 2)森田栄伸:接触蕁麻疹の概念・診断・治療.皮膚科臨床アセット1 アトピー性皮膚炎 湿疹・皮膚炎パーフェクトマスター.古江増隆総編集,中村晃一郎専門編集.中山書店.pp 207-209, 2011
  3. 3)森田栄伸:薬剤性過敏症症候群(DIHS).皮膚疾患最新の治療2011-2012.瀧川雅浩,渡部晋一編.南江堂.p 111, 2011
  4. 4)森田栄伸:FDEIA「スパゲッティーを食べてジョギングしているうちにショック症状になった」.外来皮膚科ER最前線.宮地良樹編.メディカルレビュー社.pp182-185, 2011
  5. 5)森田栄伸:重症薬疹における遺伝的背景(2) DIHS/DRESSの研究動向.皮膚科臨床アセット2 薬疹診療のフロントライン.古江増隆総編集,相原道子 専門編集.中山書店.pp157-158, 2011
  6. 6)森田栄伸:蕁麻疹・血管性浮腫・アナフィラキシーを起こす薬剤.皮膚科臨床アセット2 薬疹診療のフロントライン.古江増隆総編集,相原道子専門編集.中山書店.pp176-178, 2011
  7. 7)森田栄伸:NSAIDsによる食物アレルギー増強の機序.皮膚科臨床アセット2 薬疹診療のフロントライン.古江増隆総編集,相原道子専門編集.中山書店.pp204-205, 2011
  8. 8)森田栄伸:蕁麻疹.ガイドライン外来診療2011.泉 孝英編.日経メディカル開発.pp290-295, 2011
  9. 9)森田栄伸:食品アレルゲン 小麦.食品免疫・アレルギーの事典.日本食品免疫学会編.朝倉書店.pp159-162, 2011
  10. 10)草竹兼司:間葉系腫瘍.骨・筋肉・皮膚・イラストレイテッド 病態生理とアセスメント.窪田誠,安部正敏監修.学研.pp180-181, 2011
  11. 11)草竹兼司:汗腺系腫瘍(汗腺がん,パジェット病).骨・筋肉・皮膚・イラストレイテッド 病態生理とアセスメント.窪田誠,安部正敏監修.学研.pp186-187, 2011
  12. 12)森田栄伸:かゆみの治療法-薬物療法.臨床医必携 全身とかゆみ.宮地良樹編.診断と治療社.pp45-52, 2011
  13. 13)古村南夫:RF治療. スキルアップ皮膚レーザー治療.川田 暁編著.中外医学社,東京,pp208-228,2011

総 説

  1. 1)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシー.診断と治療.99増刊号:235-240, 2011
  2. 2)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシー(前編)-臨床症状と診断-.西日本皮膚科 73(1): 49-53, 2011
  3. 3)森田栄伸:I型アレルギーとアスピリン不耐症.臨床免疫・アレルギー科 55(3): 294-299, 2011
  4. 4)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシー(中編)―病態と治療―.西日本皮膚科 73(2): 174-179, 2011
  5. 5)千貫祐子,森田栄伸:加水分解コムギによる感作とは何か.皮膚病診療 33(5): 444-450, 2011
  6. 6)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシー(後編)―抗原解析―.西日本皮膚科 73(3): 253-259, 2011
  7. 7)千貫祐子:加水分解小麦と小麦依存性運動誘発アナフィラキシー.アレルギーの臨床 31(6): 481-485, 2011
  8. 8)森田栄伸:自己免疫性蕁麻疹の診断と治療.アレルギーの臨床31(6): 486-490, 2011
  9. 9)金子 栄,森田栄伸:アトピー性皮膚炎の悪化因子と生活指導.日本医師会雑誌 140(5): 1003-1007, 2011
  10. 10)森田栄伸:アスピリンによるアレルゲンの吸収促進.臨床免疫・アレルギー科 55(6): 676-680, 2011
  11. 11)森田栄伸:抗ヒスタミン薬で治す蕁麻疹-誘発可能な蕁麻疹の場合-.Progress in Medicine 31(12): 31-35, 2011
  12. 12)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシー.島根医学31(3): 135-141, 2011

原 著

  1. 1)Imaoka K, Kaneko S, Tabara K, Kusatake K, Morita E: The first human case of Rickettsia tamurae infection in Japan. Case Rep Dermatol 3(1): 68-73, 2011
  2. 2)Chinuki Y, Tsumori T, Yamamoto O, Morita E: Cholinergic urticaria associated with acquired hypohidrosis: An ultrastructural study. Acta Dermato-Venereol 91(2): 197-198, 2011
  3. 3)Kaneko S, Hamada T, Kawano Y, Hashimoto T, Morita E: Missense mutation at the helix termination region in the 2B domain of keratin 14 in a Japanese family with epidermolysis bullosa simplex, generalized, other. Int J Dermatol 50(4): 436-438, 2011
  4. 4)Dekio I, Morita E: The weight of a finger-tip unit of ointment in 5-gram tubes. J Dermatol Treat 22:302-303, 2011
  5. 5)Tohgi K, Kohno K, Takahashi H, Matsuo H, Nakayama S, Morita E: Usability of Fag e 2 ImmunoCAP in the diagnosis of buckwheat allergy. Arch Dermatol Res 303(9): 635-642, 2011
  6. 6)Imaoka K, Furumura M, Maruyama R, Nagasako R, Morita E: Erythrodermic Lymphomatoid Granulomatosis: A Case Report : Case Reports in Dermatol 3: 244-250, 2011
  7. 7)Niihara H, Kakamu T, Fujita Y, Kaneko S, Morita E. HLA-A31 strongly associates with carbamazepine-induced adverse drug reactions but not with carbamazepine-induced lymphocyte proliferation in a Japanese population. J Dermatol. 2011 Dec 29.[Epub ahead of print]
  8. 8)Mizumoto K, Sumikawa Y, Niihara H, Morita E. Case of carbamazepine-induced hypersensitivity syndrome associated with human leukocyte antigen-A*3101. J Dermatol. 2011 Dec 14. [Epub ahead of print]
  9. 9)Shinoda J, Inomata N, Chinuki Y, Morita E, Ikezawa Z. Case of allergy due to hydrolyzed wheat proteins in commercial boiled pork. J Dermatol. 2011 Dec 2. [Epub ahead of print]
  10. 10)Sakieda K, Sumikawa Y, Imaoka K, Murata S, Nakamura C, Mizumoto K, Niihara H, Takagaki K, Morita E. Successful treatment of leg ulcer caused by cryofibrinogenemia by using a systemic corticosteroid and warfarin. Int J Dermatol 50(12):1538-1541, 2011
  11. 11)Amarbayasgalan T, Takahashi H, Dekio I, Morita E. Content of vascular endothelial growth factor in stratum corneum well correlates to local severity of acute inflammation in patients with atopic dermatitis. Int Arch Allergy Immunol. 2011 Oct 28.[Epub ahead of print]
  12. 12)Shibata R, Nishima S, Tanaka A, Borres MP, Morita E. Usefulness of specific IgE antibodies to ω-5 gliadin in the diagnosis and follow-up of Japanese children with wheat allergy. Ann Allergy Asthma Immunol 107(4):337-343, 2011
  13. 13)Murata S, Hashiguchi N, Shimizu M, Endo A, Omura N, Morita E. Skin disorders and the role of dermatologists after the tsunami in Japan. J Eur Acad Dermatol Venereol 26(7):923-924, 2011
  14. 14)Murata S, Kaneko S, Kusatake K, Furumura M, Sakieda K, Harada Y, Maruyama R, Morita E. Angiosarcoma of the forearm arising in an arteriovenous fistula in a renal transplant recipient. Eur J Dermatol 21(5):792-793, 2011
  15. 15)Chinuki Y, Kaneko S, Sakieda K, Murata S, Yoshida Y, Morita E. A case of wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis sensitized with hydrolysed wheat protein in a soap. Contact Dermatitis 65(1):55-57, 2011
  16. 16)Tobita R, Sumikawa Y, Imaoka K, Murata S, Dekio I, Maruyama R, Morita E. Lichen scrofulosorum caused by pulmonary Mycobacterium avium complex (MAC) infection. Eur J Dermatol 21(4):619-620, 2011
  17. 17)Furue M, Yamazaki S, Jimbow K, Tsuchida T, Amagai M, Tanaka T, Matsunaga K, Muto M, Morita E, Akiyama M, Soma Y, Terui T, Manabe M. Prevalence of dermatological disorders in Japan: a nationwide, cross-sectional, seasonal, multicenter, hospital-based study. J Dermatol 38(4):310-320, 2011
  18. 18)Sumikawa Y, Inui S, Nishimura Y, Morita E, Kurachi K. Long-term metronomic docetaxel chemotherapy for inoperative angiosarcoma of the scalp. J Dermatol 38(4):393-395, 2011
  19. 19)Dekio I, Chinuki Y, Furumura M, Morita E. Recurrent Kaposi's varicelliform eruption successfully controlled by low-dose oral valaciclovir. J Dermatol. 2011[Epub ahead of print]
  20. 20)Takahashi A, Nakajima K, Ikeda M, Sano S, Kohno K, Morita E. Pre-treatment with misoprostol prevents food-dependent exercise-induced anaphylaxis (FDEIA). Int J Dermatol 50(2):237-238, 2011
  21. 21)Hashimoto T, Tsuruta D, Dainichi T, Hamada T, Furumura M, Ishii N. Demonstration of epitope spreading in bullous pemphigoid: results of a prospective multicenter study. J Invest Dermatol. 131(11):2175-2177,2011
  22. 22)飛田礼子,渡邉徹心,吉田雄一,山本 修,森田栄伸:生下時より隆起した脂腺母斑.西日本皮膚科73(2):123-124, 2011
  23. 23)千貫祐子:加水分解小麦による経皮感作.Visual Dermatology 10:1304-1305, 2011
  24. 24)梅香路綾乃,加藤敦子,千貫祐子,森田栄伸:職業性食物アレルギーprotein contact dermatitis とOAS,Baker’s asthma の合併例.皮膚病診療 33:1039-1042,2011
  25. 25)篠田純子,猪又直子,藤村奈緒,千貫祐子,森田栄伸,池澤善郎:市販豚角煮に添加された、小麦グルテン加水分解物のⅠ型アレルギーによる血管性浮腫.皮膚病診療 33(5): 475-478, 2011
  26. 26)関向亜希子,西川里香,中野英司,皿山泰子,福永 淳,清水秀樹,千貫祐子,森田栄伸:ホウレンソウによる食物依存性運動誘発アナフィラキシー.皮膚病診療 33(5): 487-490, 2011
  27. 27)前田麻衣子,吉田淳一,大塚藤男,千貫祐子,森田栄伸:アスピリンと運動により増強し,前投与薬により抑制できた小麦による蕁麻疹.皮膚病診療 33(5): 531-532, 2011
  28. 28)大橋苑子,太田 馨,光井千慧,千貫祐子,森田栄伸,岡本祐之:小麦による食物依存性運動誘発アナフィラキシーの1例.皮膚科の臨床 53(5): 693-697, 2011
  29. 29)金子 栄,新見直正:カンデサルタン(ブロプレス®)により誘発された小麦による運動誘発アナフィラキシーの1例.アレルギーの臨床31(9): 814-816, 2011
  30. 30)千貫祐子, 金子 栄, 出来尾 格, 澄川靖之, 新原寛之, 今岡かおる, 村田 将, 吉田雄一, 東儀君子, 森田栄伸:石鹸中の加水分解小麦で感作された小麦依存性運動誘発アナフィラキシーを発症した12例の解析.日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌 5(4): 387-394, 2011
  31. 31)草竹兼司:メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)定着創の周術期抗菌薬の選択について.創傷 2(4): 147-153, 2011
  32. 32)北見 周,渡辺秀晃,末木博彦,飯島正文,相原道子,池澤善郎,狩野葉子,塩原哲夫,森田栄伸,木下 茂,相原雄幸,白方裕司,藤山幹子,外園千恵,椛島健治,小豆澤宏明,浅田秀夫,橋本公二:Stevens-Johnson症候群ならびに中毒性表皮壊死症の全国疫学調査-平成20年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)重症多形滲出性紅斑に関する調査研究-.日本皮膚科学会雑誌 121(12): 2467-2482, 2011
  33. 33)中村千春,金子 栄,新原寛之,森田栄伸,荒木亜寿香,原田佑治:慢性肝障害の経過中に左僧帽筋膿瘍を呈した1例. 皮膚科の臨床53(5):800-801, 2011
  34. 34)金子 栄,澄川靖之,出来尾 格,森田栄伸,各務竹康:「外来でのアトピー性皮膚炎患者指導のコツ」についてのアンケート調査.西日本皮膚科 73(6): 614-618, 2011
  35. 35)金子 栄,森田栄伸:「アトピー性皮膚炎の病態と治療 アップデート」ストレスマネージメント(解説/特集).アレルギー・免疫18(10):1489-1494, 2011
  36. 36)千貫祐子,森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシー.日本皮膚科学会誌 121(13): 3045-3048, 2011

報 告 書

  1. 1)森田栄伸:重症薬疹患者の早期診断biomarkerの検討.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)分担研究報告書.2011年3月
  2. 2)金子 栄:アトピー性皮膚炎の患者指導指針の作成に関する研究.厚生労働科学研究費補助金(免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業)分担研究報告書.2011年3月
  3. 3)古村南夫、高橋仁、森田栄伸:メラノサイトの転写因子を介した細胞内シグナルとカフェオレ斑発症機序について. 神経皮膚症候群に関する調査研究.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)分担研究報告書.2011年3月

雑 録

  1. 1)森田栄伸:小麦成分が入った化粧品やせっけんを使ってアレルギー症状が疑われる場合には 小麦・グルテンで小麦感作の確認を.ALLAZIN Allergy News Winter. Phadia. 2011
  2. 2)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA).エキスパートによる 蕁麻疹治療ガイドラインの読み方.川島 眞総編集.佐藤伸一,秀 道広,宮地良樹編集委員.No.5, 2011
  3. 3)森田栄伸 他:洗顔石鹸で食物アレルギー 加水分解小麦に経皮感作して発症か.日経メディカル トレンドビュー.No.9, 2011
  4. 4)佐藤伸一,森田栄伸,尹 浩信:座談会 皮膚疾患とバリア機能.Derma scope №4. メディカル・プロフェッショナル・リレーションズ株式会社.2011
  5. 5)森田栄伸:加水分解小麦含有石鹸アレルギーの顛末.大阪皮膚科医会会報 2011.11.30〈13巻3号〉No.49 pp49-66, 2011
  6. 6)森田栄伸:皮膚粘膜を介して感作される加水分解小麦アレルギー.infoAllergy No.58. p1, 2011
  7. 7)千貫祐子:加水分解コムギ石鹸によるFDEIA.マルホ皮膚科セミナー 放送内容集 No.217 pp31-35 (2011年12月15日放送)
  8. 8)森田栄伸:知っておきたい「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」All-Ex Vol.3 No.1, 2011

学会発表他

講演・シンポジウム

  1. 1)Dekio I: Ecology of the skin microbiota. Society for Anaerobic Microbiology 2011 Symposium. London, 2011. Feb.
  2. 2)Morita E: Food-dependent exercise-induced anaphylaxis. 22nd World Congress of Dermatology Pseudoallergies and Mast Cell Release Syndromes. Seoul, May 24-29, 2011
  3. 3)Morita E: Food-dependent exercise-induced anaphylaxis. 22nd World Congress of Dermatology Food Allergy Update in Skin Disorders. Seoul, May 24-29, 2011
  4. 4)Chinuki Y: Wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis sensitized with cosmetics. 22nd World Congress of Dermatology Food Allergy Update in Skin Disorders. Seoul, May 24-29, 2011
  5. 5)Murata S: Relevance of CAP-FEIA in food allergy. 22nd World Congress of Dermatology Food Allergy Update in Skin Disorders. Seoul, May 24-29, 2011
  6. 6)新原寛之:当科における下肢静脈瘤診療.第25回島根皮膚疾患懇話会 ミニレクチャー.出雲市,2011年1月
  7. 7)森田栄伸:蕁麻疹のオーダーメード治療.第352回大分皮膚科医会.大分市,2011年1月
  8. 8)森田栄伸:食物依存性運動誘発アナフィラキシーの話題.北九州アトピー講演会.北九州市,2011年1月
  9. 9)澄川靖之:知っておきたい口腔内病変~その見方と治療について~.第2回松江耳鼻カンファレンス.2011年1月
  10. 10)森田栄伸:蕁麻疹診療―ガイドラインを使いこなす.皮膚アレルギーUpdate 2011.仙台市,2011年1月
  11. 11)千貫祐子:食物アレルギーの現状と対策.江津市学校保健会研修.江津市,2011年2月
  12. 12)森田栄伸:皮膚科領域における食物アレルギー.広島DERMA勉強会.広島市,2011年2月
  13. 13)森田栄伸:救急外来でみる皮膚疾患.第91回松江市立病院研究会.松江市,2011年2月
  14. 14)森田栄伸:蕁麻疹のオーダーメイド治療.岡山アレルギー疾患フォーラム.岡山市,2011年2月
  15. 15)森田栄伸:アトピー性皮膚炎と食物アレルギー.札幌市皮膚科医会.札幌市,2011年2月
  16. 16)森田栄伸:蕁麻疹診療のポイント.多摩皮膚科専門医会.東京都,2011年2月
  17. 17)森田栄伸:乾燥性皮膚に対する外用保湿剤のスキンケア指導.スキンケア指導.東京都,2011年2月
  18. 18)澄川靖之:フットケアで知っておきたい知識~解剖生理から臨床意義~. 第1回フットケア研修会.淡路島,2011年2月
  19. 19)森田栄伸:抗アレルギー剤の使い方.呉皮膚科医会学術講演会.呉市,2011年3月
  20. 20)森田栄伸:アトピー性皮膚炎と食物アレルギー.安佐皮膚科医会.広島市,2011年3月
  21. 21)森田栄伸:お茶石けんによるアレルギーの顛末.第11回広島デルマ倶楽部.広島市,2011年3月
  22. 22)古村南夫:フェイシャルリジュビネーションの最先端―フラクショナルRF(eMatrix)について.第6回アンチエイジングセミナーin九州.福岡市,2011年3月
  23. 23)森田栄伸:一般医に必要な蕁麻疹の知識.安来市医師会学術講演会.安来市,2011年3月
  24. 24)森田栄伸:蕁麻疹診療の実際.鳥取県臨床皮膚科医会講演会.米子市,2011年4月
  25. 25)金子 栄:アンケート調査からみたアトピー性皮膚炎の外来指導のコツ.第294回呉皮膚科会学術講演会.呉市,2012年4月
  26. 26)金子 栄:アトピー性皮膚炎の指導について.島根県薬剤師会出雲斐川支部学術講演会.出雲市,2012年4月
  27. 27)森田栄伸:一般医に必要な蕁麻疹の知識.雲南医師会学術講演会.仁多郡,2011年5月
  28. 28)森田栄伸:皮膚科領域の食物アレルギー.第19回三淀地区皮膚疾患研究会.大阪市,2011年5月
  29. 29)森田栄伸:FDEIAの診断と治療-最新の話題-.第23回日本アレルギー学会春季臨床大会 教育セミナー23.千葉市,2011年5月
  30. 30)森田栄伸:抗アレルギー薬-特徴を踏まえた使い方.第18回東海皮膚アレルギー研究会.名古屋市,2011年5月
  31. 31)古村南夫:皮膚のアンチエイジングは何歳から.第11回日本抗加齢医学会総会シンポジウム(見た目のアンチエイジング研究会共催).京都市,2011年5月
  32. 32)森田栄伸:お茶石鹸アレルギーの顛末.第116回宮崎県皮膚科懇話会.宮崎市,2011年6月
  33. 33)古村南夫:フラクショナルRFによるスキンリジュビネーション.第27回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会シンポジウム.大阪市,2011年6月
  34. 34)森田栄伸:小麦アレルギーの研究から学んだこと.第17回皮膚科感染症夏期セミナー教育講義.淡路市,2011年6月
  35. 35)森田栄伸:皮膚科医がみる食物アレルギー.第22回ODS(大阪 Dermatology Seminar).大阪市,2011年7月
  36. 36)千貫祐子:食物アレルギーのトピックス.第46湯島皮膚科談話会.東京都,2011年7月
  37. 37)新原寛之:虚血肢の難治性潰瘍に対する当科の取り組み.末梢血管再生治療研究会講演会.出雲市,2011年7月
  38. 38)森田栄伸:蕁麻疹と抗アレルギー薬.第41回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 ランチョンセミナー3.甲府市,2011年7月
  39. 39)森田栄伸:皮膚科領域の食物アレルギー.第5回千代田区皮膚疾患エキスパートミーティング.東京都,2011年7月
  40. 40)森田栄伸:蕁麻疹のオーダーメイド治療.第67回臨床アレルギー研究会.東京都,2011年7月
  41. 41)森田栄伸:食物アレルギー―適切な対策は正しい知識から―.平成23年度生涯学習研修会.出雲市,2011年7月
  42. 42)森田栄伸:慢性蕁麻疹の診断と治療. 第5回相模原臨床アレルギーセミナー.横浜市,2011年8月
  43. 43)森田栄伸:一般医に必要な蕁麻疹の知識.島後医師会学術講演会.隠岐郡,2011年8月
  44. 44)森田栄伸:一般医に必要なじんましんの知識.福井県内科医会・皮膚科医会学術講演会.福井市,2011年8月
  45. 45)森田栄伸:皮膚科医が見る食物アレルギー.第129回日本皮膚科学会広島地方会・秀 道広教授就任10周年記念地方会共催 ランチョンセミナー.広島市,2011年9月
  46. 46)森田栄伸:知って得する皮膚アレルギーの知識.深川医師会(学校医部会)講演会.深川市,2011年9月
  47. 47)古村南夫:フラクショナルRFを用いたスキンリジュビネーション.第29回日本美容皮膚科学会総会・学術大会イブニングセミナー.下関市,2011年9月
  48. 48)古村南夫:レーザー・光治療-最近の進歩と注意点-.日本皮膚科学会認定美容皮膚科・レーザー指導専門医研修会.下関市,2011年9月
  49. 49)森田栄伸:皮膚科領域の食物アレルギー.北九州皮膚科勤務医の会.北九州市,2011年9月
  50. 50)森田栄伸:加水分解小麦含有石鹸アレルギーの顛末.第2回大阪皮膚科医会臨時例会・学術講演会.大阪市,2011年9月
  51. 51)森田栄伸:アトピー性皮膚炎の病態と治療.松江市皮膚科医会・東部小児科医会合同学術講演会.松江市,2011年9月
  52. 52)森田栄伸:蕁麻疹患者の心をつかむ薬物治療.第75回日本皮膚科学会東部支部学術大会 ランチョンセミナー6.前橋市,2011年9月
  53. 53)森田栄伸:加水分解小麦含有石鹸による小麦アレルギー発症の顛末.日本皮膚科学会愛媛地方会 佐山浩二教授就任記念 第54回学術大会.松山市,2011年9月
  54. 54)千貫祐子:食物アレルギーのトピックス.第5回Museミーティング.大阪市,2011年9月
  55. 55)金子 栄:褥瘡の診断と治療.海星病院講演会.出雲市,2011年9月
  56. 56)森田栄伸:蕁麻疹について.アレロック®発売10周年アレルギーフォーラム.京都,2011年10月
  57. 57)森田栄伸:蕁麻疹診療ガイドラインの改訂のポイント.学術講演会.安城市,2011年10月
  58. 58)千貫祐子,高橋 仁,森田栄伸:島根の冬に多発するアナフィラキシー.第63回日本皮膚科学会西部支部学術大会 ミニセッション-1.宜野湾市,2011年10月
  59. 59)森田栄伸:児童におけるアレルギー:皮膚科からの提言.第63回日本皮膚科学会西部支部学術大会 教育講演-5.宜野湾市,2011年10月
  60. 60)森田栄伸:蕁麻疹診療のスキルアップのために.第63回日本皮膚科学会西部支部学術大会 イブニングセミナー3 皮膚アレルギーup date.宜野湾市,2011年10月
  61. 61)千貫祐子:食物アレルギーのトピックス.アレルギーセミナー.高知市,2011年10月
  62. 62)森田栄伸:蕁麻疹診療の実際.第8回城南皮膚科医会 学術講演会.東京都,2011年11月
  63. 63)森田栄伸:重症薬疹の診断と治療~薬剤性アナフィラキシーを中心に~.第28回奈良小児アレルギーカンファレンス.奈良市,2011年11月
  64. 64)森田栄伸:皮膚科医がみる食物アレルギー.第33回静岡皮膚病カンファレンス.浜松市,2011年11月
  65. 65)森田栄伸:知って得する蕁麻疹の知識.アレロック学術講演会2011.名古屋市,2011年11月
  66. 66)森田栄伸:化粧品開発のpitfall-加水分解小麦により引き起こされた小麦アレルギー.日本動物実験代替法学会.仙台市,2011年11月
  67. 67)森田栄伸:加水分解小麦含有石鹸アレルギーの顛末.平成23年度第2回大阪皮膚科医会臨時例会・学術講演会.大阪市,2011年11月
  68. 68)千貫祐子:健康で美しい皮膚づくり.スキンケア研修会.益田市,2011年11月
  69. 69)古村南夫:皮膚を若々しく保つには―紫外線防御とレーザー治療-.2011「ひふの日」記念市民公開講座.久留米市,2011年11月
  70. 70)森田栄伸:「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」について.安来市食物アレルギー研修会.安来市,2011年12月
  71. 71)森田栄伸:日常診療に役立つ食物アレルギー.福島アレルギー講演会.福島市,2011年12月
  72. 72)森田栄伸:皮膚科医が診る食物アレルギー.第70回日本皮膚科学会山梨地方会イブニングセミナー.甲府市,2011年12月
  73. 73)森田栄伸:つながろう 広げよう 安心安全な子育ての輪~食育・アレルギー・生きる力.島根県社会福祉協議会講演会.松江市,2011年12月

その他(報告会・説明会等)

  1. 1)森田栄伸:SOLIDARITIE報告.SOLIDARITIE終了報告会.出雲市,2011年1月
  2. 2)古村南夫:メラノサイトの転写因子を介した細胞内シグナルとカフェオレ斑発症機序について.厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 神経皮膚症候群に関する調査研究班 平成23年度 総会.東京都,2011年2月
  3. 3)高橋 仁:他剤効果不十分の慢性蕁麻疹患者を対象とした検討.島根県アレルギー研究会.出雲市,2011年4月
  4. 4)村田 将:東日本大震災医療活動報告.島根県災害医療研修会.出雲市,2011年5月
  5. 5)草竹兼司:最近の創処置の在り方.益田地域医療センター医師会病院褥瘡委員会.益田市,2011年7月
  6. 6)千貫祐子:炎症性角化症.鳥居薬品株式会社 社内講演会.松江市,2011年7月
  7. 7)金子 栄:乾癬の臨床.ヤンセンファーマ株式会社 社内講演会.出雲市,2011年10月
  8. 8)澄川靖之:尋常性乾癬~病態と治療~.ヤンセンファーマ株式会社 社内講演会.出雲市,2011年11月
  9. 9)金子 栄:当院における乾癬の生物学的製剤の使用経験.レミケード乾癬カンファレンス.出雲市,2011年12月
  10. 10)草竹兼司:形成外科~こんな病気治します!.ケーブルテレビ「まめなかくらぶ」.出雲市,2011年12月

学会・研究会発表

  1. 1)Tseveendorj A, Takahashi H, Dekio I, Morita E: Interleukin-8 content in the stratum corneum reflects Severity of inflammation in the lesions of atopic dermatitis. 22nd World Congress of Dermatology E-Posters. Seoul, May 24-29, 2011
  2. 2)Chinuki Y, Kaneko S, Sumikawa Y, Nihara H, Imaoka K, Morita E: Wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis possibly sensitized by using hydrokuzed wheat proteins-supplemented soap. 22nd World Congress of Dermatology E-Posters. Seoul, May 24-29, 2011
  3. 3)Murata S, Hashimoto M, Morita E: Clinical evaluation of long-term oral intake of hen eggs in healthy adults with positive immunocap (EGG) test. 22nd World Congress of Dermatology E-Posters. Seoul, May 24-29, 2011
  4. 4)Dekio I, Rajendram D, Culak R., Morita E, Gharbia S, Shah H.N: A genome-proteome approach to characterisation of human skin isolates of Propionibacterium acnes. Society for General Microbiology Autumn Conference 2011, York, Sep. 05-07, 2011
  5. 5)Dekio I, Culak R., Morita E, Gharbia S, Shah H.N: Changes in the proteome of Propionibacterium acnes in response to growth in various atmospheric conditions as revealed by using SELDI-TOF Mass Spectrometry. European Society for Dermatological Research 41st Annual Meeting, Barcelona, Sep. 07-10, 2011
  6. 6)Yoshida Y, Furumura M, Yamamoto O: Melanoma inhibitory activity in neurofibromatosis type 1. The 36th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. Poster Session. Kyoto, December 9-11, 2011
  7. 7)Furumura M, Takahashi H, Morita E: Intracellular signal transduction in neurofibromin knockdown melanocytes as a possible mechanism causing NF1 café-au-lait macules. The 36th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. Poster Session. Kyoto, December 9-11, 2011
  8. 8)今岡かおる,森田栄伸,大藤 聡:紫紅色斑が多発し脱毛が生じた1例.第25回島根皮膚疾患懇話会.出雲市,2011年1月
  9. 9)太田征孝,千貫祐子,森田栄伸,本田 栄:右足底内側に生じた硬結を触れる紫紅色斑.第25回島根皮膚疾患懇話会.出雲市,2011年1月
  10. 10)松木真吾,金子 栄,村田 将,草竹兼司,古村南夫,森田栄伸,原田祐治,丸山理留敬,有地直子,葛原敬八郎:腎移植後長期経過中に発生した左前腕内シャント部血管肉腫の1例.第44回日本臨床腎移植学会.宝塚市,2011年1月
  11. 11)千貫祐子,高橋 仁,森田栄伸,塩飽邦憲:ω-5グリアジン特異的IgE検査を用いた小麦アレルギーの住民検診.第134回日本皮膚科学会徳島地方会-荒瀬誠治徳島大学教授退任記念-.徳島市,2011年1月
  12. 12)新原寛之,草竹兼司,村田 将,太田征孝,森田栄伸,水本一生,阿曽三樹:表在静脈瘤処理に加え内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術が奏功した静脈鬱滞性難治性下腿潰瘍の1例.第29回日本臨床皮膚外科学会 第16回日本臨床毛髪学会 合同学術大会.名護市,2011年2月
  13. 13)金子 栄,西山裕美,澄川靖之,森田栄伸,山口拓也,神田眞理子,糸賀かおる,山本美知子,川口喜美子,成相由紀子,清水美穂子:島根大学医学部附属病院における2009年~2010年の褥瘡対策の実態.第11回日本褥瘡学会中国四国地方会.松江市,2011年3月
  14. 14)村田 将,澄川靖之,高橋 仁,太田征孝,新原寛之,森田栄伸:Stevens-Johnson syndrome様の症状を呈した抗原不明の水疱症の1例.第7回山陰皮膚疾患研究会.松江市,2011年3月
  15. 15)新原寛之,金子 栄,森田栄伸,各務竹康,藤田委由:カルバマゼピンによる重症薬疹患者のHLA解析.日本皮膚科学会愛媛地方会 橋本公二教授退職記念 第53回学術大会・総会.松山市,2011年3月
  16. 16)村田 将: Stevens-Johnson syndrome様症状を呈した抗原不明の水疱症の一例.第7回山陰皮膚疾患研究会.松江市,2012年3月
  17. 17)草竹兼司、金子 栄,澄川靖之,森田栄伸:当科における頭頸部皮膚悪性腫瘍切除後の再建.第26回島根皮膚疾患懇話会.松江市,2011年6月
  18. 18)熊野御堂 慧,三宅隆明,池尻文良,大西千恵,井上政弥,高橋 勉,田中順子,鈴宮淳司,松本 治,森山繭子,村川洋子,出来尾 格,金子 栄,川﨑洋司:アレルギー性血管炎を疑われた下腿潰瘍の60歳代男性例.第26回島根皮膚疾患懇話会.松江市,2011年6月
  19. 19)草竹兼司、金子 栄,澄川靖之,森田栄伸,安樂邦明:当科における頭頸部皮膚悪性腫瘍切除後の再建.第8回山陰形成外科懇話会.米子市,2011年6月
  20. 20)村田 将,橋口尚幸,清水美穂子,遠藤篤也,小村直之,森田栄伸:東日本大地震・大津波後の皮膚疾患について~医療救護班での活動から~.日本皮膚科学会第112回山陰・第18回島根合同開催地方会.米子市,2011年7月
  21. 21)今岡かおる,金子 栄,太田征孝,古村南夫,森田栄伸,原田祐治:手足に限局した好中球性皮膚症の1例.日本皮膚科学会第112回山陰・第18回島根合同開催地方会.米子市,2011年7月
  22. 22)千貫祐子,高橋 仁,森田栄伸,塩飽邦憲:ω-5グリアジン特異IgE検査を用いた小麦アレルギーの住民検診.第41回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会.甲府市,2011年7月
  23. 23)草竹兼司,新原寛之,森田栄伸:当科における閉創とEco-Dressing.第26回日本皮膚外科学会総会・学術集会.富山市,2011年8月
  24. 24)草竹兼司,金子 栄:虚血肢を伴った多発褥瘡に対して切断肢から植皮を行い創の閉鎖を得た1症例.第13回日本褥瘡学会学術集会.福岡市,2011年8月
  25. 25)金子 栄,清水美穂子:V.A.C.ATS®治療システムならびに従来の持続陰圧吸引治療を行った1症例.第13回日本褥瘡学会学術集会.福岡市,2011年8月
  26. 26)新原寛之:フォーム硬化療法併用下肢静脈瘤手術の短期治療成績.第37回中国地区MMC研究会.岡山市,2011年9月
  27. 27)竹谷 健,齋藤敦朗,金井理恵,山口清次,澄川靖之,金子 栄,森田栄伸:側腹部腫瘤を認めた7歳児:JPLSGの取り組み.第27回島根皮膚疾患懇話会.出雲市,2011年10月
  28. 28)高橋 仁,森田栄伸,本田 栄:他抗ヒスタミン薬で効果不十分な慢性蕁麻疹患者に対するロラタジンの臨床的有用性の検討.第63回日本皮膚科学会西部支部学術大会.宜野湾市,2011年10月
  29. 29)千貫祐子,金子 栄,高橋 仁,森田栄伸:小麦アレルギーの主要アレルゲン同定における好塩基球活性化マーカーCD203c測定の有用性についての検討.第63回日本皮膚科学会西部支部学術大会.宜野湾市,2011年10月
  30. 30)千貫祐子,金子 栄,高橋 仁,森田栄伸,徳田玲子,長尾みづほ,藤澤隆夫:多種の加水分解小麦のアレルゲン性に関する検討.第63回日本皮膚科学会西部支部学術大会.宜野湾市,2011年10月
  31. 31)村田 将,金子 栄,草竹兼司,﨑枝 薫,原田佑治,丸山理留敬,大藤 聡,Aw Wanping,Lezhava Alexander,林崎良英,石川智久,古村南夫,森田栄伸:左前腕内シャント部より発生したと考えられる血管肉腫の1例.第63回日本皮膚科学会西部支部学術大会.宜野湾市,2011年10月
  32. 32)新原寛之,田原研司,高垣謙二,花岡 希,安藤秀二,森田栄伸:Conventional PCR法及びReal-time PCR法による日本紅班熱の早期診断法.第7回中国研究皮膚科セミナー.広島市,2011年11月
  33. 33)太田征孝,松木真吾,出来尾 格,森田栄伸:高齢者に発症した帯状疱疹肺炎の1例.第63回日本皮膚科学会西部支部学術大会.宜野湾市,2011年11月
  34. 34)金子 栄,千貫祐子,森田栄伸,清島眞理子:乾癬に対するアダリムマブ投与中にクォンティフェロン陽転化により判明した皮膚非結核性抗酸菌感染症の1例.第62回日本皮膚科学会中部支部学術大会.四日市市,2011年11月
  35. 35)千貫祐子,金子 栄,高橋 仁,森田栄伸:小麦アレルギーの主要アレルゲン同定における好塩基球活性化マーカーCD203c測定の有用性についての検討.第61回日本アレルギー学会秋季学術大会.東京都,2011年11月
  36. 36)田中 文,糸井沙織,松井佐起,谷 守,花房崇明,井川 健,片山一郎,千貫祐子,森田栄伸:OASが先行し,茶のしずく石鹸使用後に発症したWDEIAの1例:石鹸のInflammasome刺激作用の検討.第61回日本アレルギー学会秋季学術大会.東京都,2011年11月
  37. 37)福冨友馬,中村裕之,谷口正美,千貫祐子,森田栄伸,川岸禮子,西間三馨,秋山一男:加水分解小麦を含有する石鹸・シャンプーその他の化粧品の使用と成人小麦アレルギーとの疫学的な関係.第61回日本アレルギー学会秋季学術大会.東京都,2011年11月
  38. 38)徳田玲子,長尾みづほ,細木興亜,谷田寿志,平口雪子,千貫祐子,森田栄伸,松田 幹:小麦アレルギーの臨床表現型と抗原反応性に関する検討.第61回日本アレルギー学会秋季学術大会.東京都,2011年11月
  39. 39)千貫祐子,高橋 仁,金子 栄,徳田玲子,長尾みづほ,藤澤隆夫,森田栄伸:多種の加水分解小麦のアレルゲン性に関する検討.第61回日本アレルギー学会秋季学術大会.東京都,2011年11
  40. 40)福冨友馬,千貫祐子,森田栄伸,高橋健太郎,谷口正実,秋山一男:茶のしずく関連経口小麦アレルギー症例における石鹸使用中止後の小麦タンパク特異性IgE抗体価の経年的変化.第61回日本アレルギー学会秋季学術大会.東京都,2011年11月
  41. 41)三原洋嗣,平郡真記子,亀好良一,弓立達夫,森田栄伸,堀川達弥,竹内 聡,秀 道広:蕁麻疹における抗ヒスタミン薬の中止時期の検討.第61回日本アレルギー学会秋季学術大会.東京都,2011年11月
  42. 42)山本祐理子,服部淳子,峠岡理沙,益田浩司,加藤則人,千貫祐子,森田栄伸:茶のしずく石鹸以外の加水分解小麦含有石鹸を使用していた患者にみられた小麦アレルギーの1例.第61回日本アレルギー学会秋季学術大会.東京都,2011年11月
  43. 43)角田孝彦,千貫祐子:お茶石鹸中の加水分解小麦に感作がみられた小麦アレルギーの4例.第61回日本アレルギー学会秋季学術大会.東京都,2011年11月
  44. 44)村上朋子,千貫祐子,高橋 仁,森田栄伸,松尾裕彰:リコンビナント小麦グルテン構成タンパク質の作製と小麦アレルギー診断への応用.第61回日本アレルギー学会秋季学術大会.東京都,2011年11月
  45. 45)金子 栄:当院における乾癬の生物学的製剤の使用経験.レミケード乾癬 WEBカンファレンス.出雲市,2011年11月
  46. 46)草竹兼司:人工血管の露出した症例の治療法に関して.第9回山陰形成外科懇話会.鳥取市,2011年11月
  47. 47)草竹兼司,太田征孝,森田栄伸:指の知覚障害を生じた電撃症の一例.第20回日本熱傷学会中国四国地方会.松江市,2011年11月
  48. 48)中川知憲,小黒浩明,山口修平,古村南夫,村川洋子:乾癬性関節炎を合併する多発性硬化症に対する生物学的製剤治療.第105回日本内科学会中国地方会.米子市,2011年11月
  49. 49)千貫祐子,高橋 仁,金子 栄,森田栄伸:加水分解型Wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis (WDEIA)の予後.第136回日本皮膚科学会徳地方会-久保宣明教授就任記念-.徳島市,2011年12月
  50. 50)草竹兼司,新原寛之,森田栄伸:当科の術後Dressing.第92回長崎形成外科懇話会.佐世保市,2011年12月